小児活脳鍼 小児の神経質、発達障害、虚弱、腺病質などの小児疾患対策

鍼灸治療を受けたお子様に感想を尋ねると、異口同音に気持ちが良かったと答えます。一般的な病院の治療では考えられないことです。

というのは、使用する鍼が、大人とは異なり、先端が丸い棒のような形態をしているからです。これで全身を撫でるように擦過しますので、治療の途中でウトウトしてしまうことが多いのです。この記憶が頭に残ると、次回の治療が待ち遠しくなります。

小児活脳鍼

気持ちが良いばかりではありません。確実な効果も得られます。
特に小児の神経質、発達障、虚弱、腺病質などには奏功します。

また、ちりげの灸と言う小児の虚弱疳の虫を対象にした灸法も古くから伝わっています。
そのお灸を行うツボは、第3胸椎の下で、身柱と呼ばれています。

当院では、身柱にお灸をすることはありませんが、中央が僅かに尖った低刺激性の円皮鍼と呼ばれるものを貼り付けて、その替りとしています。
円皮鍼は、無痛で貼ることができて、しかもお灸に準ずる効果が得られるので、重宝しています。

更に、円皮鍼を「活脳鍼」のようにコメカミに貼ると、脳が活性化しますので、発達障害にも効果的なのです。

ページトップへ

その他 専門の鍼灸治療

マッサージ

漢方イメージ なかよし漢方堂のホームページはこちらから

鍼灸