当院の鍼灸治療の概要

当院では、「安全・効果・誠実」をモットーとして、日々の治療にあたっています。医療はサービス業であるとともに、人の健康に携わる職業だからです。したがって、患者さんの訴えを真摯に受けとめ、可能な限りご希望に合わせるとともに、安全で効果的な治療が施せるように日々努力しています。

基本は経絡治療

晴明鍼

治療は、「経絡治療(けいらくちりょう)」を基本としています。この治療法は古くから存在し、紆余曲折はあったものの綿々として現在の東洋医学界に伝承されています。

この治療で、最も重要な位置を占めているのは、診断です。これを東洋医学では「証」と呼んでいます。「証」は、性格や体質、病状、病因などを総合的に判断して決定しますので、個々により異なります。

また、「証」を決める際、知識だけではなく、指先の感覚など、もって生まれた素質も求められますので、簡単ではありません。

但し、「証」が決まれば、次に続く治療は、スムーズです。 このような「証」だったら、このように治しなさいという、古人の教えがあるからです。
これを「随証療法」と言います。つまり、「証」が決まれば、治療方針も自ずと知れるということです。この「随証療法(ずいしょうりょうほう)」が東洋医学の最大の特長であり、これに従うことで、鍼灸や漢方の診療が成り立っているのです。

この「証」を決定する過程で、「問診」も然ることながら、「脈診や舌診、腹診、ツボ調べ」も重要です。その中で特に細心の注意をはらっているのが、「脈診」です。手の橈骨動脈の拍動から内臓の調子を窺うことができるからです。

晴明鍼

紀元前100年頃に編纂され、現在鍼灸師の必携の書と言われている「難経」には、「腕の脈動は内臓の機能の盛衰を反映し、その拍動する部分を腕関節側から上中下の3部に分けると、上部は頭から胸までの病気の有無をあらわし、中部は横隔膜から臍までの病気の有無をあらわし、下部は臍から足にかけての病気の有無をあらわすので、それぞれの部の脈の上層と中層と下層の拍動の強弱を調べ、どこに病があるかを判断した上で、治療をしなければならない」と書かれています。

その後、3世紀末に編纂された脈診の専門書と言える「脈経」には、24種類の脈があること、各々の波形の特長や関わりのある病気、そして、その対処法などが詳細に書かれています。脈による診断と治療との関連性を深めました。

時代劇で、「殿、お脈拝見!」という場面を時折見かけますが、これは単に脈の速さや強さをみているだけではなく、脈を通して病気の原因や軽重を探っているのです。

そこで、当院では、先ずは脈の状態を確かめ、次に舌の様子を診たり、お腹の緊張度を調べたりして、どこがどの程度病んでいるのかを把握し、その上で悪いところが弱っていたらエネルギーを与えるように、逆に悪いところがエネルギー過剰だったらエネルギーを取り除く手技で治療を行っています。これを「補瀉迎随」と呼びます。多くは手足にあるツボを操作することで、目的が達成できますが、個々の体質、あるいは慢性的な疾患があると、その影響が背中や腰のツボにあらわれることが多いので、それらの反応にも適宜対処しています。

この古典的な技術をもとに、WHOが推奨する疾患の他に、下記のような当院独自の鍼灸治療も行い、患者さんの様々なご要望に応えています。

更に、甚だ困難な課題ではありますが、患者さんのご理解を得られやすくするため、現代医学的な側面からも、これらの治療方法の作用機序の解明に努めています。

当院独自の治療法

活脳鍼:かつのうしん 散痺鍼:さんぴしん 晴明鍼:せいめいしん 鎮鳴鍼:ちんめいしん 健やか鍼:すこやかしん 減糖減肥鍼:げんとうげんぴしん

小児鍼

これらの治療法は長年の経験と研究から編み出されたものです。また、当鍼灸治療のオリジナルですので、他の医療機関では行なっていません。是非、鍼灸治療の真髄をご自身で感じ取ってください。

・カーテンを閉めると準個室になります。

・プライバシーに出来るだけ配慮しています。

・ベッドは1回毎に消毒をしていますし、清潔な掛けタオルもご用意しています。

基本的に着替えなどの準備は必要ありませんが、足は膝まで、腕は肘までまくれるような服装で来院してください。特に脳卒中の後遺症の患者さんは、肩関節付近のツボにも治療をしますので、Tシャツなど、腕の付け根が見えるような衣服をお願いしています。 (着替えやタオルをご持参頂いても構いません。)

WHO(世界保健機関)が認める鍼灸治療の適応症

【神経系】
神経痛、神経麻痺、痙攣、自律神経失調症、神経症、ノイローゼ、ヒステリー、脳卒中後遺症、頭痛、不眠症、めまい、肩首のこり
【運動器系】
関節炎、関節症、五十肩、リウマチ、筋膜炎、頸筋強直、頚腕症候群、むち打ち症、捻挫、腱鞘炎、腰痛、坐骨神経痛、外傷の後遺症
【循環器系】
心臓神経症、高血圧症、低血圧症、動脈硬化症、動悸、息切れ
【呼吸器系】
風邪、風邪の予防、咳嗽、気管支炎、気管支、喘息
【消化器系】
口内炎、舌炎、歯痛、胃腸炎、胃アトニー、胃下垂症、胃酸過多症、胆石症、肝機能障害、肝炎、 十二指腸潰瘍、下痢、便秘、痔疾患
【代謝内分泌系】
バセドウ病、糖尿病、痛風、脚気、貧血
【生殖、泌尿器系】
ネフローゼ、腎・尿路結石、膀胱炎、尿道炎、前立腺肥大症、インポテンツ、遺精、性欲低下、尿崩症
【婦人科系】
更年期障害、乳腺炎、白帯下、生理痛、生理不順、冷え性、不妊、逆子
【耳鼻咽喉科系】
中耳炎、耳鳴、難聴、メニエル氏病、鼻出血、鼻炎、蓄膿症、咽喉頭炎、扁桃腺炎
【眼科系】
眼精疲労、仮性近視、結膜炎、疲れ目、かすみ目、ものもらい
【小児科系】
小児神経症、夜泣き、かんのむし、消化不良、偏食、食欲不振、不眠、小児喘息、アトピー、耳下腺炎、夜尿症、虚弱
ページトップへ
  • 当院のご案内
  • 【受付時間】午前 10:00~12:30 午後 14:30~18:30 【治療日】月〜金曜日 第2・4土曜日
  • 181-0012 東京都三鷹市連雀2-3-12 高橋ビル2F
  • 車でお越しの方は当院の隣に駐車場があります。
  • 当院のご案内

アクセスマップ

なかよし健康堂

メール無料相談 治療や症状に関するご相談をメールで受け付けています。お気軽にご相談ください。

活脳鍼について

治療院からのお知らせ

龍ちゃんの健康講座

facebook

トップページ