りゅうえい治療院 スタッフブログ

りゅうえい治療院のスタッフブログです。当院は、脳梗塞や脳出血などの脳卒中後遺症の治療として、雑誌や本・メディアでも取り上げられている「活脳鍼」を行っています。その他、様々な症状で苦しむ患者様が、海外や全国から数多くいらっしゃっています。日々の臨床で感じたこと、臨床報告などを紹介しています。

Category: りゅうえい健康通信 (page 2 of 9)

りゅうえい健康通信-ツボ療法 認知症予防に有効なツボ

「四神聡」

急速な高齢化社会を迎え、様々な社会問題が発生しています。身近なところでは、介護関連です。特に認知症を患っているご老人の介護は大変です。そこで、認知症を予防するツボ治療を紹介しましょう。それは、四神聡(ししんそう)というツボです。

ツボの位置は、頭にある百会という有名なツボの前後左右各1cm離れた4ヶ所になります。百会はツボ辞典で調べると正確な場所が判ります。それを基準にして四神聡を探すと良いでしょう。

中国の臨床では、脳血管性認知症の患者さん30名に四神聡を主体に手足のツボを加え治療したところ、一般的な社会活動ができるほど改善した例が6例、一般的な社会活動はできないが、認知症の主症状である健忘の改善がみられた例が20例、無変化が4例という結果でした。私達も認知症の患者さんをよく診ます。当然、四神聡を使うケースが多いのです。

下腹部にある関元(かんげん)や足の三里(さんり)を併用すると、更に成績が上がるようです。以前、80歳近い老人性痴呆症の患者さんが娘に付き添われて来院しました。当初、一桁の足し算もできないし、朝食べた食事の内容も覚えていないという状態でしたが、針灸治療を週2回2ヶ月ほど続けると、二桁の足し算引き算ができるようになりました。また、娘の付き添いもいらなくなり、本人ひとりで来院できるようになりました。ご自分で行う場合は、楊枝の先端で圧迫するようにすると良いでしょう。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

teppen

りゅうえい健康通信―食養生 予防できる認知症

「とっさに人の名前が出てこない。」このようなもの忘れは自然な老化現象で、誰にでも起こりえます。一方、認知症は病気であり、単なるもの忘れとは違います。認知症はアルツハイマー型と脳血管性の2種類に分けられます。今回は、予防可能な脳血管性認知症について触れていきましょう。脳血管性認知症は、脳の血管が詰まることで、脳の神経細胞に栄養や酸素が行き届かなくなり、その結果、神経ネットワークが壊れて起こります。脳血管性認知症は、高血圧や糖尿病、肥満など生活習慣病があるとリスクが高くなるため注意が必要です。では、脳血管性認知症を初期段階で発見するには、どのような変化に注意したらよいのでしょうか。

こんな症状に要注意

認知症になると誰にでも見られるのが知的能力の低下です。はじめの頃は新しいことを覚えたり、記憶する事ができなくなります。もの忘れとの違いは古い記憶ではなく、新しい記憶がなくなること。例えば、食事をした直後に食事をしたことを忘れてしまうという時は、認知症が疑われます。さらに進行すると今が「いつ」で、ここが「どこ」なのか、自分や周囲にいる人が「誰」なのかが分からなくなります。重度になるとおつりの計算ができなくなったり、判断力、注意力が低下し、筋道をたててものごとを考えることができなくなります。

できることから始める予防

日ごろから注意することで、リスクを軽減

生活習慣と認知症の関係

脳血管性認知症は脳の血管が原因となることが多いので、栄養のバランスの良い食事を摂ることは、高血圧・動脈硬化などの生活習慣病の改善だけでなく、認知症予防にも効果的です。また脳の若さを保つために、精神面、行動面の努力も必要。日ごろから脳を活発に動かすように心掛けましょう。

「予防のポイント」

  1. 塩分、糖分、動物性脂質を抑え、魚や野菜などを多く摂る。
  2. 運動で脳の血流を良くする。
  3. 文章の読み書き、囲碁や将棋、楽器の演奏など趣味で脳を活性化する。
  4. 人とのコミュニケーションを積極的に行う。
  5. いつも明るい気持ちで、興味と好奇心を忘れないようにする。

血流改善に優れた黒豆

黒豆には良質なたんぱく質と脂質が含まれ、さらに血流改善作用や抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれています。味付けは出来るだけうす味で調理し、毎日10~20g程度は食べましょう。

脳を活性化するツボ

両目尻の外側、骨がへこんでいる部分にあるツボを指圧すると、物事を考えるためにひつような前頭葉が活性化します。毎日数回、人差し指や中指、薬指で指圧してください。1回の指圧時間は、「押して離して押して離して」を、一分間ほど続けましょう。

運動・栄養・昼寝が大事!

よく運動し栄養に気をつけて、昼寝をする人のほうが認知症の発生率が下がることが、厚生労働省の研究で分かりました。研究は、茨城県利根町の65歳以上を対象に実施。対象者400人に運動や栄養、睡眠の改善を指導し、指導しなかった1500人と比較した結果、生活習慣を指導したグループでは、認知症の発生率は3.1%で、しなかったグループは4.3%に上がりました。こんな身近なことで手軽に予防ができるなら、是非取り入れてみたいですね。

早期発見・早期治療で進行を遅らせる

認知症になってしまったら、仕方ないと諦めるのは大間違いです。現在は、早期発見と早期治療によって進行を遅らせたり、改善させたり、することが可能になっています。特に脳血管性認知症は急に症状が悪化するわけではなく、ゆっくりと進行するのが特徴です。おかしいなと思ったら、専門の先生を受診するようにしましょう。

りゅうえい健康通信―ツボ療法 消化器系の痛みの緩和に有効なツボ

「地機と梁丘」

医療機関は、もうすぐ連休に入ります。病気を持っている方は、さぞかし心配でしょう。また、そうでない方も、美味しいもの食べ過ぎたりお酒の飲み過ぎたりで、病院にかかる可能性が高まりますので、よくよく考えれば、不安になるはずです。特にこの時期は胃十二指腸や胆嚢、すい臓を悪くしやすいので要注意です。

十二指腸や胆嚢の痛みはミゾオチから右の肋骨の下にあらわれます。胃やすい臓は、ミゾオチや左の肋骨の下がよく痛みます。これらの病気の中で緊急を要するのは、すい臓炎です。場合によっては多臓器不全を起こし、死に至ることもあるからです。

すい臓炎の痛みは、ミゾオチの激しい持続痛です。横向きになって、膝を抱え込むと痛みが和らぐ傾向があります。油物を摂り過ぎたうえに大酒を飲むと、発症する確率が増えます。多くは胆嚢炎も併発しています。そこで、ご紹介したいツボが地機(ちき)と梁丘(りょうきゅう)です。

これらのツボは消化器系の痛みを緩和するばかりか、軽ければ完治させてくれます。もともと押すと痛みを感じますが、胃十二指腸や胆嚢、すい臓に炎症になると、更に激しくなります。その痛みを我慢して、しばらく強めに指圧していると、お腹の痛みがだんだん和らぎます。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

りゅうえい健康通信 花粉症に有効なツボ

「花粉症に印堂」

両眉毛の中央、つまり鼻の骨の上に印堂(インドウ)という名のツボがあります。このツボは奇穴(キケツ)とも呼ばれています。奇異な場所に存在するツボということです。通常ツボは経絡という生体エネルギーが流れる経絡上にありますが、奇穴はそれ以外の場所にあります。奇穴のうちでもこの印堂はしっかりした生理作用を人体に与えるので私達も繁用しています。

ではどのような病気や症状に効果があるのかと申しますと、鼻の病気全般です。例えば、症状でいえば、鼻づまり、鼻水、鼻の痛み等です。病名でいえば、花粉症等のアレルギー性鼻炎、鼻風邪、蓄膿症です。通常私達はこの印堂に針治療を行ないますが、マッサージでも効果があります。

去年の今頃、毎年花粉症で苦しむというAさんが来院した。すでにAさんは軽い花粉症の症状をあらわしていました。もう1ヶ月も過ぎれば鼻水、鼻づまり、涙目で大変になることが予測されます。そこで、この印堂に針治療を行なうとともに、体質改善の治療も行ないました。効果は劇的にあらわれまして、治療中に鼻水、鼻づまりが解消していました。ただ、大量に花粉が飛散する季節となれば、元のもくあみになってしまいます。そこで、印堂へのマッサージも指導しました。ごま油を少しつけて、こすりあげるようにマッサージをすると効果的です。私達の針灸治療は週に1回でしたが、シーズン中全く病院で処方された抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤は一切使用しないで済みました。抗ヒスタミン剤を日中使用すると、眠くなる人が多いので勤めている方はとっても不便です。

ぜひ、花粉症でお困りの方、備えあれば憂いなし、花粉症対策として、今から印堂へのマッサージを行なってみて下さい。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

 

りゅうえい健康通信―食養生 健康と美容に効果的!

健康に良いばかりか美容にも卓越した効果が期待できるギムネマとコラーゲンをご紹介します。ギムネマは、インド中南部に自生する植物で、特徴的なことはこの葉を噛むと不思議なことに他の味覚は変化がないのに、甘味だけを感じなくなってしまうことです。葉の中のギムネマ酸という成分が、糖分をブロックすると言われていますが定かではありません。ただ、鳥取大学医学部の日地康武教授等の糖尿病ラットを用いた実験で、高糖分配合飼料を与えても、ギムネマを併用すれば血糖値は上昇しないという結果がでていますので、理由は別にして糖分の吸収が抑制されるのは明らかです。この作用は十分にダイエットにも応用できます。甘いものに目がない方は是非試してみてください。次にコラーゲンですが、以前お話した、コンドロイチン硫酸とともに結合組織を構成する成分です。結合組織は細胞同士をつなぐ他に細胞に栄養を与えたり、細胞から老廃物を取り出したりする働きがあります。従って、老化などで結合組織のコラーゲンやコンドロイチン硫酸が減少すると、体全体の細胞が弱体化して病気にかかりやすくなったり、腰痛や神経痛が発症したりします。そればかりか、肌のみずみずしさを失ったり、しみができたりして、美容面でも悩まされるようになります。老化現象が気になり始めたら、少しでも長く若々しくありたいと思ったら、是非、コラーゲンやコンドロイチン硫酸を試してみて下さい。シミが薄くなった。化粧ののりが良くなったと結構評判です。

りゅうえい健康通信 ツボ療法―不眠、イライラ、抑うつ、のぼせに有効なツボ

神経反応点

人手不足の影響で仕事量が極端に増えたせいか、慢性疲労を訴えるサラリーマンが頻繁に来院します。診ると、肉体的な疲労はさることながら、精神的な疲労の方が強くあらわれれているケースが多いようです。

そこで、精神安定に優れた効果のあるツボをご紹介します。それは神経反応点とも呼ばれる至陽、霊台、神堂といったツボです。至陽は両方の肩甲骨の下端を結ぶ線を引き、その線が交差する背骨と背骨の間にあります。霊台はその一つ頭寄りに上がった背骨と背骨の間にあり、神道はそのさらに上です。精神的な問題がある場合、これらのツボを指を立てて押すと必ず痛みがでます。

これらのツボは自律神経失調症、更年期障害、うつ病、神経症等が原因の諸症状の改善に効果があります。例えば、不眠、イライラ、抑うつ、のぼせ、頚痛、めまい、疲労感、動悸、腰痛、手足のしびれ、発汗、目の疲れ、首肩こり、下痢、便秘、胃痛、生理不順等です。あくまでも自律神経系やホルモン系の失調が原因となっている場合ですが。

私達は腰痛を主訴としていても、これらのツボに反応がある場合は必ずこれらのツボに鍼をしたり、灸をしたりします。腰痛のために精神が過敏になっているかもしれませんし、精神的な影響で、腰痛が起きているかもしれないからです。私達は病を診るのではなく、病人そのものを診るのです。これが、基本的な東洋医学の治療方針なのです。原因が精神神経にあると思われたら、これらのツボの圧痛を調べその上で、親指をた立てるようにして指圧しましょう。指圧をしてくれる人が見つからないという方は、是非、私達の治療院にいらして下さい。

BoneBodyBack

りゅうえい健康通信―食養生 生活習慣を改善して、偏頭痛を乗り切ろう

三食しっかり食べて偏頭痛を乗り切る

日本人の約840万人が悩まされている

偏頭痛は原因不明の慢性頭痛のひとつで、現代医学では完全に治すのが難しいといわれています。成人の約8%(840万人)がこの偏頭痛に悩まされていると言われ、男性よりも女性に多くみられます。これだけの人が悩まされ続けているにも関わらず、病気と意識せず通院しない人がほとんどです。偏頭痛の場合、頭の片側がズキズキ ガンガン脈打つような痛みが特徴です。人によっては、日常生活が妨げられるほどの激しい痛みや吐き気を伴うこともあります。痛みは数時間から、長い場合は数日間続くこともあります。

ストレスや緊張が原因にも

今のところ、なぜ偏頭痛がおきるのかは、はっきりとは明らかにされていません。しかし、脳内にある血管が拡張する際、痛みが生じるのが原因というのが有力視されています。偏頭痛はいったん治まると、ウソのように痛みが消えるので、つい軽く見られがちですが、中には脳の重篤な病気が引き起こしている場合もあるので、気になる人はきちんと病院で検査を受けたほうがよいでしょう。また、慢性の頭痛には偏頭痛の他に、精神的・身体的ストレスによる緊張型と1~2年に一度、1~2ヶ月に渡って激痛が続く原因不明の群発性があります。自分の頭痛がどのタイプなのかを見極め、生活を改善するのも予防として大切です。

偏頭痛と上手につきあうために

生活習慣病を見直して、快適な日々を

偏頭痛を誘因させるもの

偏頭痛と上手に向き合っていくには、まずは原因探しから。生活習慣を見直し、ちょっとした体調の変化を見逃さないようにするだけでも違ってきます。

偏頭痛の主な原因

  1. ストレス
  2. ホルモン分泌バランスの変化
  3. 人ごみ・雑音・まぶしい光・におい
  4. 天候の変化
  5. アルコール摂取や化学物質

梅干シップで緩和

皮膚から有効成分が入り込む性質を利用した梅干シップが偏頭痛に効果的です。梅干のクエン酸などの有機酸が広がり過ぎた血管を適度に縮めてくれるのでしょう。約1cm四方にちぎった梅干の果肉を両方のコメカミに貼り付けます。早ければ、5~6分で効果があらわれます。

頭痛に効くツボ

小指と薬指の付け根に、中渚というツボがあります。中渚は古くから即効的に痛みを解消するツボとして有名です。左右の手にありますので、押して痛むほうの手を親指でこするように指圧するとよいでしょう。

日常生活での工夫

  • ストレスを溜め込まない
  • 刺激を避ける
  • 食事を3食しっかり食べる
  • お酒、チョコレート、食品添加物の摂取を控える

栄養のバランスのとれた食生活が何よりも大切

一番避けたいのは食事を抜くこと。血糖値が下がった空腹状態は、偏頭痛がおきやすい状態です。特に無茶なダイエットが引き金になることがあります。運動をしっかり行うダイエットならいいのですが、断食したり、ひとつの食品ばかりを食べたり、炭水化物をとらないなどは頭痛持ちの人にとって最もよくない方法です。

何事も気にしすぎないが基本

偏頭痛と上手く付き合っていくことが結果的には予防・軽減につながっていきます。これをやれば解消という万能薬はありません。しかし、必要以上に気負って、神経質になってしまっては決して頭痛はよくなりません。絶対に治さなければいけないなどと気負わず、時には楽観的に過ごすことも必要です。

りゅうえい健康通信 ツボ療法―眼精疲労、近視、老眼、めまいに有効なツボ

 

「風池と天柱」

巷では梅の花が咲き初め。春の足音が聞こえてきます。ただ、春先はいろいろな病があらわれやすい時期でもあります。例年、腰痛、めまい、目の疲れ、欝などの症状の悪化に苦しむ人が多いのです。

これらの病態を東洋医学では肝胆の病と呼んでいます。春は臓器で言えば肝胆が謳歌する季節です。ところがそれに上手く乗ることが出来ないと、足腰の痛みや痺れ、めまい、目の疲れ、欝などの症状があらわれると言うのです。最近では花粉症もあります。それ自体が肝胆の病とは言えませんが、ストレスなどでイライラしていると肝胆に負担がかかり、それが水毒を助長して発症することはあります。

そこで、ご紹介したいのが、風池(ふうち)と天柱(てんちゅう)です。ツボの位置は、首の後ろの2本の筋が頭蓋骨に交わるところが天柱で、その両側のくぼみ(ぼんのくぼ)が風池です。風池も天柱も肝胆の病に奏功します。おそらく、これらのツボの刺激が脳血流の改善に役立つのではないかと考えられます。ですから、眼精疲労、近視、老眼、めまい、不眠、てんかん、欝を始め、風邪や花粉症からの鼻水や鼻づまりなどにも有効例が多いのです。

一般の方は不思議に感ずるかもしれませんが、頭痛や腰痛、踵の痛みにも効果的です。これは、陰陽五行と経絡というツボの流れを知っていれば、簡単に理解できることですので。自分で行う場合は、親指で両方の風池あるいは天柱を同時に指圧すると良いでしょう。一日に5分程度、二回ほど行えば十分です。その際、頭全体も5本の指で指圧すると更に効果があがります。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

Atama

りゅうえい健康通信―食養生 花粉症に効果的!

誰もが発症予備軍といわれる花粉症

ひとたび発症すると翌年も

近年、現代病として患者数がうなぎ上りとなっている厄介な花粉症。徐々に暖かさが増すこの季節、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、涙目といった症状で悩む人が急増します。中には頭がボーっとして、家事や仕事もままならないなど、重症化してしまう例も。花粉症はひとたび発症すると、毎年必ず花粉の飛散する時期に症状が現れます。よくスギが取り沙汰されますが、ほかにもヒノキやブタクサといった様々な種類の花粉が原因となります。したがって地域や気候を問わず発症する可能性があります。昔はそう多くなかった花粉症の患者数はどうしてこれほどまでに増えたのでしょうか。

現代人の過敏体質が問題に

まずは花粉症が発症するまでのメカニズムを解説しましょう。花粉が鼻の粘膜などに侵入すると、マクロファージと呼ばれる細胞が“原因物質”を排除しようとします。このとき体の中では、排除すると同時に次の侵入に備えて「抗体」を作ります。ところが、ストレスや食品添加物、排ガスなどにより免疫力が弱った過敏体質の現代人は、抗体の生産が上手くコントロールできません。すると、原因物質(花粉)を追い出そうとして大量に作られてしまった抗体が過剰に反応し、鼻水やくしゃみを引き起こすのです。左ページを参考に、症状を抑える対処法を実践し、つらい時期を乗り切りましょう。

症状を長引かせないための対処法

体の内と外、両方からの対策を

痛くない鼻うがいで粘膜を洗浄

外から帰ってきたらうがいをするように、鼻がムズムズしたら鼻うがいがおすすめです。鼻に水が入ると痛いものですが、正しいやりかたをすると痛みませんので実践してみましょう。最近では市販の洗浄液もありますが、簡単に作ることができます。ぬるま湯(一度沸騰させたもの)200ccに小さじ半分の塩を溶かせば洗浄用の生理食塩水の完成です。鼻にゆっくり流し込むように入れ、口から出します。

あったか薬膳で免疫を整える

体を冷やすと免疫機能が狂い、低下したり過剰になるので、体を温める簡単スープをご紹介。だし汁400mlに薄切りにしたショウガを2かけ分とシソの葉を1枚、4cmほどに切ったネギを入れるだけ。塩コショウで味を調えたら、あったかスープの出来上がり。

鼻づまりスッキリのツボ

「迎香」は字の如く、鼻が詰まって匂いを感じなくなったときに押すツボです。小鼻の出っ張ったところの真下にあるくぼみを、人差し指で2~3分圧迫指圧するだけ。

免疫力の調整が重要

免疫反応が特定の原因物質に対して過剰に起こることをアレルギー反応といいます。過敏体質になると、花粉が少し侵入しただけで、ヒスタミンやロイコトルエンと呼ばれる炎症物質を多量に発生させてしまいます。これが花粉症の正体です。代謝を高めることや、ヨーグルトなどの免疫力を調整する食材を摂り、過敏体質からの脱却をはかりましょう。

花粉の侵入を防ぐことから

まずはマスクやゴーグルなどで、花粉の侵入を防ぐことが対策の一歩です。外から帰ったら衣服をはたいて、花粉を落とすことも忘れずに。そして、野菜はジュースよりスープで取るなど、体を温める食事を選ぶことで内側からの対策を強化し、つらい季節を乗り切りましょう。

 

りゅうえい健康通信 ツボ療法―耳鳴り・中耳炎や歯痛に有効なツボ

「翳風(えいふう)」

このところ、耳鳴りを訴える患者さんの来院が多くなっています。

季節の変わり目は、自律神経系のバランスがくずれやすいので、耳鳴りもそのあらわれと思います。そこで、ご紹介したいのが、翳風というツボです。

翳風は、耳たぶの裏の凹んだところにあります。押さえると、耳の奥の方に痛みが響くので、簡単に判ります。このツボは、耳鳴りの他にも中耳炎や歯痛、顔面神経痛などにも効果があります。楊枝で軽い痛みを感じる程度圧迫すると良いでしょう。

ただし、中耳炎の場合、痛みが激しい時は遠慮してください。慢性化した時がチャンスです。また、翳風はしゃっくり止めの名ツボでもあります。人指し指で強めに押さえていると、自然に止まります。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

Mimi

 

Older posts Newer posts