りゅうえい治療院 スタッフブログ

りゅうえい治療院のスタッフブログです。当院は、脳梗塞や脳出血などの脳卒中後遺症の治療として、雑誌や本・メディアでも取り上げられている「活脳鍼」を行っています。その他、様々な症状で苦しむ患者様が、海外や全国から数多くいらっしゃっています。日々の臨床で感じたこと、臨床報告などを紹介しています。

Category: りゅうえい健康通信ーツボ療法 (page 1 of 3)

りゅうえい健康通信―ツボ療法 自律神経失調症や頭痛、耳鳴り、めまいなどに有効なツボ

「関衝」

さて、今回ご紹介する関衝は、手の薬指の爪の際にあるツボです。この関衝から始まり、上肢の背面を通り、胸に行き、そこから、一方は首や頭に、もう一方は腹に行く経絡を三焦経と呼んでいますが、その三焦経の性質を明確にあらわすのが、この関衝でもあるのです。三焦経は、基本的には自律神経系を強化し、各臓器の機能を向上させる作用を有しています。三焦とは、上焦、中焦、下焦のことです。解り易く言えば、上焦は肺や心臓の事、中焦は消化器、下焦は腎臓や副腎、あるいは生殖器となります。つまり、三焦経を調整すれば、肺や心臓を支配している自律神経が強化され、機能が向上します。また、消化器や生殖器も同様に強化されますし、副腎からステロイドホルモン(抗ストレスホルモン)の分泌も高まります。したがって、緊張すると、肺や心臓を支配する自律神経が乱れ、呼吸が荒くなったり鼓動が激しくなったりしますが、特に三焦経の性質を集約している関衝というツボを刺激すれば、自律神経が強化されるので、副交感神経と交感神経のバランスが整いやすくなるのです。また、ステロイドホルモンがストレスを軽減させる結果、交感神経の異常興奮が鎮静し、速やかに呼吸や心拍が落ち着いてくるのです。当然、気持ちも楽になります。因みに、どの経絡でも指の爪のあたりにあるツボは、井穴(せいけつ)と呼ばれ、生体に非常に強い反応をあらわすと言われています。ですから、どなたでも指圧マッサージ等の簡単な刺激で自律神経の調節が出来るのです。

指圧マッサージの方法は、とても簡単です。単に緊張緩和を目的にするのならば、左手の薬指を指圧マッサージするだけです。

なお、三焦経は頭もめぐっていますので、耳鳴りやめまい、中耳炎、頭痛等にも効果があります。この場合は、両手の薬指を指圧マッサージします。気長に行えば、更年期障害、不安恐怖症、ストレス障害等にも効果があります。ただし、棒で擦ったりという強い刺激は与えないで下さい。とても敏感なツボですのです。

≪指圧マッサージの仕方≫

薬指の爪の際(関衝)を空いている手の親指と人指し指で強めに摘むように指圧してから、滑らすように付け根までマッサージします。そして、最後に付け根を再度摘むように指圧します。この手技を繰り返します。自律神経失調症や頭痛、耳鳴り、めまいでしたら、両手の薬指を1日3回から4回各10分間リラックスした状態で行うと良いでしょう。単に結婚式のスピーチや競技等の緊張をほぐすだけなら、それらの行為の20分前から左手の薬指だけ指圧マッサージをすると良いでしょう。なお、突然の緊張でも指圧マッサージをすれば、次第に気持ちは落ち着いてきます。

 

ツボの場所

手の第4指(薬指)の外側で、爪の根っこの部分分の所

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

りゅうえい健康通信 ツボ療法―どんな痛みも鎮静出来る万能なツボ

「三陽絡」

 

よく昔の古傷が痛み出すとかいいますよね?これは外界の温度変化についていけず、一過性に血管が広がり過ぎるのが原因と思われます。その結果、神経が弱って、痛みを出すということでしょう。血管が広がると血流が良くなるのではないか疑問を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、結果的に血管圧が低下し全血流が減少するので、血流悪化につながるのです。丁度、お風呂に入り過ぎの脳貧血と一緒です。これも血管が広がり過ぎたために脳血流が減っている状態なのです。

そこで、どんな痛みも鎮静出来るツボをご紹介しましょう。それは、三陽絡です。腕の表側にあります。このツボは古くからあらゆる痛みを頓挫すると言われています。私達の経験でも、背を丸めやっとのことで来院できた坐骨神経痛の患者が、帰りにはピンピンして帰った例などがあります。

その他、脳卒中の後遺症で腕が挙がらないといった症状にも効果があります。それも、ほとんどの場合即座に挙がるようになるから不思議です。また、歯痛、耳鳴り、頭痛、リウマチなどの際に副次的に用いて効果があります。

●ツボの場所

手関節背面横紋中央より肘に向かい4寸の所

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

 

りゅうえい健康通信 ツボ療法―動悸、息切れ、胸痛などに有効なツボ

「少衝」

動悸、息切れ、胸痛に効くツボ!

心臓に持病のある方はいらっしゃいませんか。日ごろからツボ治療をしておくと心臓発作の予防になります。

そこで、ご紹介したいのが少衝(ショウショウ)というツボです。

去年の暮れ、友人と一緒にお台場の温泉に行きました。その帰り、電車を待っている時、急に友人が胸の痛みを訴えました。温泉に浸かり、ビールも飲んだので血管が最大限に拡張していたのでしょう。拡張の度合いが大きければその分逆に強い収縮を起こします。寒風にさらされれば短時間の間にその現象が訪れます。私は、その友人が労作性狭心症と診断されていたのを思い出し、とっさに少衝をボールペンの先で圧迫しました。友人は一瞬その圧迫した痛みに顔を歪めましたが、次第に胸の痛みが遠のいてくるのでホッとした顔つきに戻ってきました。確かに少衝は劇的な効果をあらわします。

 

●効能

動悸、息切れ、胸痛

●やり方

右の親指の爪で少し痛むぐらい圧迫すると良いのです。その痛みに慣れるころには動悸、息切れ、胸痛が解消

しているはずです。

●ツボの場所

手の第5指(小指)の内側で、爪の根っこの部分から脇に1分の所

 

手の第5指(小指)の内側で、爪の根っこの部分から脇に1分の所手の第5手の第5指(小指)の内側で、爪の根っこの部分から脇に1分の所指(小指)の内側で、爪の根っこの部分から脇に1分の所5指(小指)の内側で、爪の根っこの部分から脇に1分の所

りゅう健康通信―ツボ療法 目の疲れ、不眠、頻尿、血圧異常(高血圧、低血圧)などに有効なツボ

「太敦(たいとん)」

目の疲れ、不眠、頻尿、血圧異常(高血圧、低血圧)などに有効なツボ

 

太敦という足のツボは足の一指(親指)の爪のはえぎわにあります。このツボは肝経という経絡上にあり、しかも末端に位置していますので、肝経の性質を激しく表しています。

肝経は単に肝臓の機能を司っているわけではなく、筋肉や目、泌尿器系、睡眠等にも深い関わりをもっています。ですから、肝経が乱れると、腰痛、足腰の脱力感、頻尿、寝小便、インポテンツ、月経異常、めまい、頭痛、不眠、興奮、血圧異常、視力低下等の症状を表します。もっとも他の経絡の乱れでも同様な症状を表しますが、肝経の乱れは特徴的にわき腹やみぞおちの圧迫感があります。ですから、このわき腹やみぞおちの反応があった上、上記の症状がみられた場合肝経の乱れと判断するわけです。

この場合、太敦への刺激が劇的に効果を表します。アルコールの飲み過ぎで肝機能が低下している時に、このツボへ針や灸をすると、その晩からお酒がうまくなるのです。つまり、アルコールの解毒がスムーズに行われるようになるのです。当然γ-GTPも下がってきます。

是非、目の疲れ、不眠、頻尿、血圧異常(高血圧、低血圧)、あるいは肝機能障害で悩んでいる方、大いに指圧してみて下さい。井穴と呼ばれ、刺激の感受性が高いツボですので、指圧だけでも十分効果は表われます。

 

●効能

目の疲れ、不眠、頻尿、血圧異常(高血圧、低血圧)

 

●ツボの場所

足の一指(親指)の爪のはえぎわ

 

●やり方

手の指先で、足の一指(親指)の爪のはえぎわを揉むように刺激する

大敦1

りゅうえい健康通信 ツボ療法―腰痛・背中の痛みに有効なツボ

「委中」

腰痛・背中の痛みに有効なツボ

 

膝の関節の裏にできる横シワの中央に、委中という名のツボがあります。古くから〝腰背、委中に求む〝と言われているくらい腰痛にはよく効きます。

中国ではこのツボ付近の血管に鍼を刺し、少量の血をとる治療を行っていますが、鍼や指圧でも十分に効果があらわれます。ただし、少しコツがいります。つまり膝を曲げた状態で鍼するなり指圧するなりします。

腰が痛む時は、委中を指で押さえるととても痛く感じます。鍼や指圧をして、この圧痛がやわらぐと腰の痛みが軽くなるのを実感できます。その他、委中の効能としては、痔や高血圧、脳出血があります。

 

●効能

腰痛、痔や高血圧、脳出血

●ツボの場所

膝の関節の裏にできる横シワの中央

●やり方

膝を曲げた状態で親指で指圧します。

委中

りゅうえい健康通信 ツボ療法―救急時の気付けに有効なツボ

「人中」

 

救急時の気付けに

 

季節の変わり目は、自律神経失調症状を現し易いようです。特に、学童の脳貧血は問題です。朝礼の際、急にバタンと倒れ、意識不明となれば、先生も仲間の生徒も青ざめてしまいます。そんなとき、役に立つのが人中(じんちゅう)というツボです。人中は水溝(すいこう)とも呼ばれます。

 

基本的には救急のツボですので、高熱による痙攣や人事不省(うなされているとき)にも効果的です。古くは、インフルエンザやはしかや疱瘡などで熱性痙攣を起こしているときの特効ツボとして利用されました。科学的な裏づけもとれています。ウサギを貧血状態にしたとき、このツボに通電刺激を与えると、血圧を上昇させるとともに脳血流量も正常に戻したといいます。また、呼吸の乱れも改善したといいます。脳梗塞の発作時にも応用出来そうです。

 

その他、日射病、癲癇、しゃっくりなどにも効果的です。私の経験では、立ってないほどの腰痛が、1本このツボに針を刺すことにより、ものの数分で鎮痛したということがあります。

 

●効能

救急時の気付け

●ツボの場所

上唇と鼻の間の中央にあります。

●やり方

親指で強く指圧すると良いでしょう。但し、少し強めに押し、にぶい痛みを感じさせる必要があります。人中

りゅう健康通信―ツボ療法 頭痛、めまい、鼻血などに有効なツボ

「懸鐘」

頭痛、めまい、鼻血などに有効なツボ

 

自律神経系の弱い方は、のぼせて頭痛やめまい、鼻血に悩みます。そんな方にご紹介したいのが、懸鐘という名のツボです。

このツボは外くるぶしに指を当てて、膝の方向にこすり上げていくと、骨の存在を感知できなくなるところにあります。ですから、絶骨という別名があります。なんと的を得た呼び名なのでしょう。漢字の妙を感じさせます。

日頃私達針灸家は、このツボが足にあるので、坐骨神経痛、脳卒中の片マヒ、足の痛み、歩き疲れといった病気や症状に汎用しています。ただ、のぼせが根底にある場合、頭や首、肩の症状が主訴であってもこのツボを使います。例えば、先に述べた頭痛、めまい、鼻血は勿論のこと、扁桃腺炎、中耳炎、首肩のこり、寝違い、結膜炎等です。

その他にも面白い活用法として、鼻腔の乾きがあります。通常鼻腔は鼻水によって潤っています。ところが、年をとったり、虚弱な人が風邪をひいたりすると鼻腔がカラカラに乾いてしまうことがあります。懸鐘はそんな鼻の乾きに卓効があるのです。

漢方では、この状態を病邪が表裏あるいは身体の側面に居ついている少陽病期と呼んでいます。口の中がねばついたり、白い苔がついたり、脇腹が張ったりといった症状もあらわすことが多いのです。いずれにしろ、体力が弱くなった時にあらわれやすいようです。

 

●効能

頭痛、めまい、鼻血

 

●ツボの場所

外くるぶしに指を当てて、膝の方向にこすり上げていくと、骨の存在を感知できなくなるところにあります。

 

●やり方

指圧でもかまいませんが、あまり強く押すと、後で痛みがでることがあります。

指の腹で軽くこするくらいが良いかもしれません。

1懸鐘

りゅうえい健康通信―ツボ療法 寝違い・耳鳴り、めまい、中耳炎に有効なツボ

「中渚(ちゅうしょ)」

 

寝違い・耳鳴り、めまい、中耳炎に効果的!!

朝起きると首がまわらないという方はいませんか?それは俗に言う寝違えです。

首肩の筋肉や関節が冷えて固くなっている時、急な首の動きが負担となって、筋肉繊維を切ってしまったり、頚椎を捻挫してしまったりすることが原因と思われます。

病院に行くと、軽ければシップ薬や痛み止めの処方、重ければ首の固定や麻酔薬の局部注射。いずれにしろ1週間ぐらいは声をかけられても振り返ることができない状態を余儀なくされます。

 

そこで、ご紹介したいのが『中渚』というツボです。

 

●効能

①寝違い

 

②耳鳴り、めまい

 

③中耳炎

 

●ツボの場所

手の甲側にあって、薬指につながる骨と小指につながる骨の間にあります。

 

●やり方

寝違えたら、まず安静にして、悪化を防ぐとともに『中渚』をよく指圧して下さい。

痛気持ちいいくらいの強い刺激をいれます。

『中渚』の圧痛が軽くなると、首肩の痛みもほぼ同時に消えてゆくでしょう。又、やめまい、中耳炎、扁桃腺炎といった病気の改善にも役立ちます。

中渚

りゅうえい健康通信―ツボ療法 花粉症をはじめ各種の鼻の症状の改善に有効なツボ

「上星」

 

今年も花粉が飛散する時期になりました。花粉症の方にとってさぞかし大変な事でしょう。そこで今回花粉症のツボ療法をお教えします。

それは『上星(ジョウセイ)』と呼ぶツボへの刺激です。

この上星は花粉症をはじめ各種の鼻の症状を改善する名ツボです。

 

●効能

①花粉症の緩和

 

②蓄膿症

③鼻づまり

●ツボの場所

上星(じょうせい)の位置は、顔の左右の中心と髪の生え際から約2cm程上にあがった場所にあります。

 

●やり方

花粉症や蓄膿症などになると、このツボに圧痛を覚えるようになります。人によってはむくみがあらわれます。ですので指で押すと痛んだり、べこっとへこんだりします。

指の腹で痛気持ちいい刺激をいれます。押しているうちに痛みが薄らいでくれば有効な刺激が与えられています。

上星

りゅうえい健康通信―ツボ療法 自律神経失調症・肝機能障害や胆のう炎、足の裏の痛みに有効なツボ

「行間」

 

東洋医学では気が逆行すると、のぼせ、めまい、吐き気、咳、頭痛、肩凝り、動悸など症状が発生すると言います。気とは、一種のエネルギーです。逆行とは、身体の上半身に偏り集まるということです。古くから頭寒足熱が健康な状態と言いますが、気が逆行すると、まったく反対の現象があらわれるのです。それが高じてくると上記したのぼせ、めまいなどの症状も併発すると言うのです。判りやすく表現すれば、更年期障害やストレス過多の時に感じる自律神経障害です。

 

これらの症状を改善するのに役立つツボが行間(こうかん)です。

 

●効能

①自律神経障害

 

②肝機能障害や胆のう炎

 

③足の裏の痛み

 

行間は足の拇指と二指の間にあります。このツボは自律神経失調症の治療において必要不可欠です。例えば、肩凝りがひどい場合、肩の辺りに針灸を施しますが、それだけでは不十分です。2~3日で元の木阿弥になってしまうからです。やはり、気の逆行を是正しなければ根治に至りません。したがって、行間も加えるのがベストなのです。

 

ご家庭では、親指で擦るように指圧すれば良いでしょう。最初はとても痛く感じるかもしれませんが、慣れてくると痛いけど気持ち良くなります。そのころには自立神経障害も軽くなっているはずです。その他、行間は、肝機能障害や胆のう炎、足の裏の痛みにも効果的です。

 

●ツボの場所

足の親指と二指の付け根の間にあります。

●やり方

親指で擦るように指圧します。最初はとても痛く感じるかもしれませんが、慣れてくると痛いけど気持ち良くなってきます。

行間

Older posts