りゅうえい治療院 スタッフブログ

りゅうえい治療院のスタッフブログです。当院は、脳梗塞や脳出血などの脳卒中後遺症の治療として、雑誌や本・メディアでも取り上げられている「活脳鍼」を行っています。その他、様々な症状で苦しむ患者様が、海外や全国から数多くいらっしゃっています。日々の臨床で感じたこと、臨床報告などを紹介しています。

Category: りゅうえい健康通信ー食養生 (page 1 of 4)

りゅうえい健康通信―食養生  季節の変わり目に出やすい腰痛

腰痛は、二本足で歩く人間にとって宿命的な疾病。特に日本人の成人のうちやく8割が悩まされていると言われています。急に、冷えたり、長雨となる梅雨の季節は、痛みが出やすいので気をつけたいものです。腰痛には、ぎっくり腰のように突然、激しい痛みに襲われる「急性腰痛」と、繰り返し痛みが続く「慢性腰痛」のおおきく二つに分けられます。また、腰に疲れをためてしまうと、徐々に蓄積されていき、ある日突然、腰痛が襲ってくることもあります。特に日ごろから、足腰にだるさや、痛みを感じている方は、注意が必要です。

腰痛の種類と原因を知る

腰痛の中でもよく知られているのが、ぎっくり腰、慢性腰痛、椎間板ヘルニアなど。いずれにしても、不快な痛みを伴うことに間違いありません。痛みがストレスになって、さらに症状を悪化させることも考えられます。腰痛の原因には、腰部の骨や筋肉への負担と血行不良が挙げられますので、そうならないためにもまずは、自分がどのような日常生活を送っているかをチェックして、腰痛が起こる可能性を知ることから始めましょう。

腰痛になりやすい生活のクセ・動作

  • 仕事で重い物を持つことが多い
  • 同じ姿勢を長時間続けている
  • 布団が柔らかすぎる、または硬すぎ
  • 冷え性
  • 体が硬く、筋肉が緊張しやすい

腰痛の予防と対策

正しい姿勢と体を温める食生活が大切

慢性化する前に

腰痛は、ちょっとしたことに気をつけるだけで防げるもの。自分自身の生活習慣の見直しが腰痛改善の第一歩につながります。

「対処法」

  • 運転やデスクワークなど長時間同じ姿勢になる場合、背筋を伸ばして腰への負担を避け、1時間毎に軽く体を動かしましょう。
  • 重い物を持ち上げる時には、しっかりしゃがみ、体の中心に荷物を引き寄せて持ち上げるようにしましょう
  • ストレッチや軽い筋肉運動を習慣にしましょう。腰を支える筋肉が低下すると、腰痛を引き起こします。痛みが強い時は、安静にしなければいけませんが、ずっと動かないと血行も悪くなるため、腰痛はさらに悪化します。

体を温め、血流に良いニラ酒

鍋に1リットルの水とニラ50グラムをいれ強火にかけます。沸騰したら弱火にして3040分煎じ、汁だけを取り出します。そこに日本酒50CC加え食前に飲みましょう。腰の冷えや痛みに有効です。

腰痛や坐骨神経痛に効くツボ

膝の裏側中央に委中(いちゅう)と呼ばれるツボがあります。腰痛や坐骨神経痛のとき、このツボを指圧すると激しい痛みがあるので、最初は軽く、そして痛みがやわらいできたら強めに指圧します。

ストレスをためない

腰痛が起こると、痛みに対してストレスを感じるようになります。このストレスが原因で自律神経に乱れが生じ、さらに腰痛を悪化させるとも言われています。自律神経はストレスのえいきょうでを受けやすく、乱れると筋肉が緊張したり、血液循環が悪くなり、腰痛の原因になります。軽い腰痛ならあまり気にせず、趣味や運動で気晴らしをするのもお勧めです。特に運動は腰痛予防にもなって一石二鳥。気分転換や運動を心がけましょう。

内臓疾患による腰痛に注意!

思い当たる原因がないのに腰の痛みを感じることがあります。その場合は、内臓系の疾患が疑われます。胃、腸などの消化器官や、インフルエンザなどの感染症、まれに悪性腫瘍なども考えられます。疾患による腰痛は安静時にも痛みがあり、薬も効かないのが特徴。このような場合は、早めに病院に行くことをお勧めします

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

りゅうえい健康通信―食養生 健康と美容に効果的!

健康に良いばかりか美容にも卓越した効果が期待できるギムネマとコラーゲンをご紹介します。ギムネマは、インド中南部に自生する植物で、特徴的なことはこの葉を噛むと不思議なことに他の味覚は変化がないのに、甘味だけを感じなくなってしまうことです。葉の中のギムネマ酸という成分が、糖分をブロックすると言われていますが定かではありません。ただ、鳥取大学医学部の日地康武教授等の糖尿病ラットを用いた実験で、高糖分配合飼料を与えても、ギムネマを併用すれば血糖値は上昇しないという結果がでていますので、理由は別にして糖分の吸収が抑制されるのは明らかです。この作用は十分にダイエットにも応用できます。甘いものに目がない方は是非試してみてください。次にコラーゲンですが、以前お話した、コンドロイチン硫酸とともに結合組織を構成する成分です。結合組織は細胞同士をつなぐ他に細胞に栄養を与えたり、細胞から老廃物を取り出したりする働きがあります。従って、老化などで結合組織のコラーゲンやコンドロイチン硫酸が減少すると、体全体の細胞が弱体化して病気にかかりやすくなったり、腰痛や神経痛が発症したりします。そればかりか、肌のみずみずしさを失ったり、しみができたりして、美容面でも悩まされるようになります。老化現象が気になり始めたら、少しでも長く若々しくありたいと思ったら、是非、コラーゲンやコンドロイチン硫酸を試してみて下さい。シミが薄くなった。化粧ののりが良くなったと結構評判です。

りゅうえい健康通信―食養生 生活習慣を改善して、偏頭痛を乗り切ろう

三食しっかり食べて偏頭痛を乗り切る

日本人の約840万人が悩まされている

偏頭痛は原因不明の慢性頭痛のひとつで、現代医学では完全に治すのが難しいといわれています。成人の約8%(840万人)がこの偏頭痛に悩まされていると言われ、男性よりも女性に多くみられます。これだけの人が悩まされ続けているにも関わらず、病気と意識せず通院しない人がほとんどです。偏頭痛の場合、頭の片側がズキズキ ガンガン脈打つような痛みが特徴です。人によっては、日常生活が妨げられるほどの激しい痛みや吐き気を伴うこともあります。痛みは数時間から、長い場合は数日間続くこともあります。

ストレスや緊張が原因にも

今のところ、なぜ偏頭痛がおきるのかは、はっきりとは明らかにされていません。しかし、脳内にある血管が拡張する際、痛みが生じるのが原因というのが有力視されています。偏頭痛はいったん治まると、ウソのように痛みが消えるので、つい軽く見られがちですが、中には脳の重篤な病気が引き起こしている場合もあるので、気になる人はきちんと病院で検査を受けたほうがよいでしょう。また、慢性の頭痛には偏頭痛の他に、精神的・身体的ストレスによる緊張型と1~2年に一度、1~2ヶ月に渡って激痛が続く原因不明の群発性があります。自分の頭痛がどのタイプなのかを見極め、生活を改善するのも予防として大切です。

偏頭痛と上手につきあうために

生活習慣病を見直して、快適な日々を

偏頭痛を誘因させるもの

偏頭痛と上手に向き合っていくには、まずは原因探しから。生活習慣を見直し、ちょっとした体調の変化を見逃さないようにするだけでも違ってきます。

偏頭痛の主な原因

  1. ストレス
  2. ホルモン分泌バランスの変化
  3. 人ごみ・雑音・まぶしい光・におい
  4. 天候の変化
  5. アルコール摂取や化学物質

梅干シップで緩和

皮膚から有効成分が入り込む性質を利用した梅干シップが偏頭痛に効果的です。梅干のクエン酸などの有機酸が広がり過ぎた血管を適度に縮めてくれるのでしょう。約1cm四方にちぎった梅干の果肉を両方のコメカミに貼り付けます。早ければ、5~6分で効果があらわれます。

頭痛に効くツボ

小指と薬指の付け根に、中渚というツボがあります。中渚は古くから即効的に痛みを解消するツボとして有名です。左右の手にありますので、押して痛むほうの手を親指でこするように指圧するとよいでしょう。

日常生活での工夫

  • ストレスを溜め込まない
  • 刺激を避ける
  • 食事を3食しっかり食べる
  • お酒、チョコレート、食品添加物の摂取を控える

栄養のバランスのとれた食生活が何よりも大切

一番避けたいのは食事を抜くこと。血糖値が下がった空腹状態は、偏頭痛がおきやすい状態です。特に無茶なダイエットが引き金になることがあります。運動をしっかり行うダイエットならいいのですが、断食したり、ひとつの食品ばかりを食べたり、炭水化物をとらないなどは頭痛持ちの人にとって最もよくない方法です。

何事も気にしすぎないが基本

偏頭痛と上手く付き合っていくことが結果的には予防・軽減につながっていきます。これをやれば解消という万能薬はありません。しかし、必要以上に気負って、神経質になってしまっては決して頭痛はよくなりません。絶対に治さなければいけないなどと気負わず、時には楽観的に過ごすことも必要です。

りゅうえい健康通信―食養生 花粉症に効果的!

誰もが発症予備軍といわれる花粉症

ひとたび発症すると翌年も

近年、現代病として患者数がうなぎ上りとなっている厄介な花粉症。徐々に暖かさが増すこの季節、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、涙目といった症状で悩む人が急増します。中には頭がボーっとして、家事や仕事もままならないなど、重症化してしまう例も。花粉症はひとたび発症すると、毎年必ず花粉の飛散する時期に症状が現れます。よくスギが取り沙汰されますが、ほかにもヒノキやブタクサといった様々な種類の花粉が原因となります。したがって地域や気候を問わず発症する可能性があります。昔はそう多くなかった花粉症の患者数はどうしてこれほどまでに増えたのでしょうか。

現代人の過敏体質が問題に

まずは花粉症が発症するまでのメカニズムを解説しましょう。花粉が鼻の粘膜などに侵入すると、マクロファージと呼ばれる細胞が“原因物質”を排除しようとします。このとき体の中では、排除すると同時に次の侵入に備えて「抗体」を作ります。ところが、ストレスや食品添加物、排ガスなどにより免疫力が弱った過敏体質の現代人は、抗体の生産が上手くコントロールできません。すると、原因物質(花粉)を追い出そうとして大量に作られてしまった抗体が過剰に反応し、鼻水やくしゃみを引き起こすのです。左ページを参考に、症状を抑える対処法を実践し、つらい時期を乗り切りましょう。

症状を長引かせないための対処法

体の内と外、両方からの対策を

痛くない鼻うがいで粘膜を洗浄

外から帰ってきたらうがいをするように、鼻がムズムズしたら鼻うがいがおすすめです。鼻に水が入ると痛いものですが、正しいやりかたをすると痛みませんので実践してみましょう。最近では市販の洗浄液もありますが、簡単に作ることができます。ぬるま湯(一度沸騰させたもの)200ccに小さじ半分の塩を溶かせば洗浄用の生理食塩水の完成です。鼻にゆっくり流し込むように入れ、口から出します。

あったか薬膳で免疫を整える

体を冷やすと免疫機能が狂い、低下したり過剰になるので、体を温める簡単スープをご紹介。だし汁400mlに薄切りにしたショウガを2かけ分とシソの葉を1枚、4cmほどに切ったネギを入れるだけ。塩コショウで味を調えたら、あったかスープの出来上がり。

鼻づまりスッキリのツボ

「迎香」は字の如く、鼻が詰まって匂いを感じなくなったときに押すツボです。小鼻の出っ張ったところの真下にあるくぼみを、人差し指で2~3分圧迫指圧するだけ。

免疫力の調整が重要

免疫反応が特定の原因物質に対して過剰に起こることをアレルギー反応といいます。過敏体質になると、花粉が少し侵入しただけで、ヒスタミンやロイコトルエンと呼ばれる炎症物質を多量に発生させてしまいます。これが花粉症の正体です。代謝を高めることや、ヨーグルトなどの免疫力を調整する食材を摂り、過敏体質からの脱却をはかりましょう。

花粉の侵入を防ぐことから

まずはマスクやゴーグルなどで、花粉の侵入を防ぐことが対策の一歩です。外から帰ったら衣服をはたいて、花粉を落とすことも忘れずに。そして、野菜はジュースよりスープで取るなど、体を温める食事を選ぶことで内側からの対策を強化し、つらい季節を乗り切りましょう。

 

りゅうえい健康通信―食養生 美顔・美肌などに効果的!

『アマドコロ』

 

目の周りや頬のあたりに目立つシミはありませんか?それだけでフケたように見られてしまうことがあります。そこで、何とかシミを消そうと努力するわけですが、なかなか思うようにはいきません。

シミ取り化粧品は、ヒフの浅い部分にあるシミを取り除くことは出来ても、奥深い所にある最も気になるシミまでは効果を発揮しません。これは、ピーリングでもレーザー光線でも同様です。

ですから、一過性には若返っても、次から次に出てくるシミに頭を悩ますようになるのです。その都度となれば、手間もお金も大変でしょう。そこで、ご紹介したいのが、アマドコロです。

アマドコロは山野に自生するユリ科の植物で、利用されるのは根の部分です。漢方では、玉竹(ギョクチク)とも呼ばれ、古くから美顔や滋養強壮、ダイエット等の目的に利用されてきました。玉竹の“玉”とは美しいという意味で、“竹”とは細身でありながら強じんな身体と解釈できます。

さて、一般に加齢とともにあらわれるシミは紫外線が原因とされています。紫外線をあびることにより、ヒフの中に活性酸素が生じます。この活性酸素は細胞を殺したり、ガン化させたりします。ですから、生体は防衛的にメラニン色素という黒い膜を張り、紫外線の害を軽減させているのです。

又、メラニン色素を含んだ細胞は、ヒフの奥深い所で次々と作られる新しい細胞と入れ替わり、やがて角質化してはがれ落ちます。新陳代謝が活発な若い頃は1ヵ月程度で入れ替わります。ですから10代の頃は、夏にいくら日焼けしても陽ざしが弱まる秋にはきれいな白い肌に生まれかわるのです。

ところが、新陳代謝が衰える30代半ば以降は、このヒフの入れ替わりサイクルが長くなり、やがてメラニン色素を含んだ細胞が沈着してしまうのです。これがシミの正体です。

では、どのようにシミのない美しい肌を維持させればいいのかと言いますと、メラニン色素が作られないようにする、あるいは新陳代謝を亢進させるしかありません。この2つの条件を満たすのがアマドコロなのです。

アマドコロに含まれるコンバラリン、コンバラマリン等の配糖体は、新陳代謝を促す働きがあります。更に、活性酸素を消去する作用も1.3×10単位と驚異的なものです。メラニン色素を作る時に必要なチロシナーゼという酵素を阻害する作用も73%と驚異的なものです。したがって、ヒフの入れ替りサイクルを早め、ヒフの奥にある古いシミを追い出すとともに、新しく出来るシミを限りなく予防してくれるので、若々しい肌を維持させるのです。

当然、新陳代謝が活発になれば、内臓も元気になるし、エネルギーが自然に放出されるので次第に痩せてきます。喜ばしい副次的な作用も沢山あるのです。古人が“玉竹”と呼び、女性の美を追求する生薬と賛美したことが、十分に理解できるでしょう。試してみてはいかがでしょうか。

アマドコロは、なかよし漢方堂で扱っております。詳しくはスタッフにお聞きください。

りゅうえい健康通信―食養生 代謝亢進・脂肪燃焼に効果的!

「杜仲茶」

 

杜仲はトチュウ科の落葉樹です。恐竜時代から地球環境の変化を乗りきり、今に生きる植物です。雌雄異株という原始的な生殖をしますが、イチョウと同様生命力の強さでは定評があります。薬用には樹皮や葉を使用します。特に葉は茶としての利用に適しています。中国では心臓や胃腸を強くして身体を強壮にさせたり、代謝を亢進させたりすると言われています。日本では一時杜仲茶がブームになりましたが、その時はダイエット目的でした。基礎実験も数多く行われました。実験では、杜仲茶を与えたラットの方が、与えないラットより35%もお腹の脂肪が減っていました。また中性脂肪は75%も減っていました。中性脂肪は肥満細胞に蓄えられている脂肪です。その他、血圧を下げたり、精神を安定させて不眠を改善させたりする作用もあります。杜仲茶の有効成分はピロレジノールやジグルコサイドと言われています。飲み方は、1リットルの水に3~5gの乾燥葉を入れ、約15分煎じ、1日何回かに分けて飲むと良いでしょう。

 

りゅうえい健康通信 食養生 桃の花で宿便と戦う!便秘や肥満に効果的!

「桃の花」

桃の花は、眺めて綺麗なだけではなく、様々な薬効もあります。特に便秘や肥満に効果的です。

便秘や肥満は、多くの女性が悩んでいます。皆さんもおなじみの桃の花で解消してみてはいかがでしょうか。

桃の花は、古くから頑固な便秘によく効くとされています。これは、フラボノイドの一種でマルチフロリンが含まれているからです。マルチフロリンには強い便秘解消作用があります。その効力はセンナ以上とも言われています。また、桃の花には、ケンペロールやクマリンと呼ばれる成分も含まれています。このケンペロールやクマリンは、血管を拡張し、血液をさらさらにしてくれるので、大腸自体の血流も良くなります。つまり、桃の花を飲み続けていると大腸が元気になり、次第に蠕動運動も活発になってくるので、桃の花に頼らなくても自然に排便できるということです。全員にあてはまるとは思えませんが、頼もしい作用です。

しかし、桃の花を単独で取り入れると、余りに通便作用が強力なので、下痢をするという問題点もありました。ところが、ミカンの皮を併用すると、その作用が緩和されることが判明しました。つまり、お腹の張りや痛みがなく、便秘が解消していくわけです。

 

 

りゅうえい健康通信―食養生 糖尿病の改善やブドウ糖の吸収を減らす効果!

グァバ

グァバはフトモモ科の常緑樹で、亜熱帯地方に自生しています。果実はジュースやジャムなどに利用されますが、葉はお茶として愛飲されています。中国では番石榴(ばんせきりゅう)という生薬名で呼ばれています。では、どのような病気に効果があるかといいますと、先ずあげられるのが糖尿病です。グァバ葉にはポリフェノールが豊富に含まれ、それが炭水化物の消化を抑えることにより、ブドウ糖の吸収を減らすのです。これは、ダイエットにも応用できます。また、南米では同じ植物をシジュウムと呼んでいます。数年前にアレルギーを抑えるということで、花粉症対策に用いられました。中国では下痢や湿疹などにも効果的と言われています。

りゅうえい健康通信―食養生 血液を新生させ免疫力をアップ!

「クマ笹」

 

冬眠から覚めたクマは、先ず最初にクマ笹を食べます。クマ笹は繊維に富んでいますので、排便を促し、長く胃腸に溜まった食物のカスや、脱落した胃腸の細胞をスムーズに身体の外に出してくれます。冬眠中に蓄積したこれらの代謝産物を一刻も早く排出させないと、身体中に有毒物がまわってしまい、活発な活動が出来なくなります。クマは、本能でこの摂理を会得しているのです。
そのクマ笹には、驚くほど沢山の有用成分が含まれています。そのひとつに葉緑素(クロロフィル)が挙げられます。葉緑素は太陽の光と水と二酸化炭素から炭水化物をつくります。米も野菜も果物もこの仕組みで成長します。私たち動物が生きて行けるのは、葉緑素のお陰なのです。また、その他にも葉緑素は人体に重要な働きをしています。血液が赤いのは、ヘモグロビンと呼ばれる赤い色素を含んでいるからです。このヘモグロビンの役目は酸素を身体の隅々まで運ぶことです。葉緑素の特徴はヘモグロビンと化学構造が非常に似ているところです。つまり、葉緑素を摂取することにより血液が活発に造られるようになるのです。血液は生命の源です。葉緑素はこの源に作用するのです。クマ笹ほど葉緑素を含んでいるものはありません。

クマ笹の有用成分は、葉緑素ばかりではありません。細胞膜の成分も含んでいるのです。それは多糖体です。多糖体と言えば、アガリクスや舞茸などのキノコを連想する方が多いと思いますが、クマ笹にも多量に含まれています。多糖体には、免疫力を高める作用があります。人間の体の中では、毎日ガン細胞が生まれています。でも、健康であれば、ガン細胞の増殖は許しません。免疫細胞であるリンパ球や白血球が常にガン細胞を駆除しているからです。多糖体はリンパ球や白血球の能力、つまり免疫力を強化してくれるのです。クマ笹エキスは薬局薬店で販売されています。是非、お試しください。

りゅうえい健康通信―食養生 抗ガン作用、高血圧・高血糖などに効果的!

『マイタケ』

 

マイタケといえば抗ガン作用を連想する方が多いと思います。マイタケの抗ガン作用は有名です。1993年日本薬学会で、神戸女子薬科大学の難波宏彰教授は、食用キノコのマイタケに含まれる多糖体、β―グルカンがガンやエイズの患者さんの症状改善に大いに役立ったと報告しています。もう少し詳しく説明すると、アメリカの医師の協力のもとにエイズ患者さん17名、子宮ガン、前立腺ガン、肺ガン等のガン患者さん13名に乾燥粉末にしたマイタケを毎日3gほど2週間から2ヶ月間投与しました。結果は、エイズ患者さんにおいては、ヘルパーT細胞と呼ばれる免疫細胞の減少にストップがかかったどころか、増加に転じたとのことです。この意義は、エイズになると免疫細胞が減って、あらゆる感染症で命を落とすケースが多いのですが、その危険性が低下したということです。それではガンはどうかというと、同様に良い傾向で、約90%の患者さんにおいて腫瘍の縮小が認められたということです。つまり、完治は無理としても、ガンと共存する形で5年も10年も長期延命が可能と言えるのです。

その他にもマイタケには様々な薬効があります。例えば、血圧下げる、血糖値を下げる、コレステロールや中性脂肪を下げる、肝臓の機能を良くする、便秘やむくみを改善する、そして、ダイエット効果です。

 

Older posts