こんにちは。鍼灸師の中村です。

晴明鍼を受けている脳卒中後遺症による視野障害の患者様より、ご感想を頂戴しておりますのでご紹介致します。

是非ご覧下さい。

●男性 70代 脳梗塞後遺症による視野欠損 左半盲

小森谷様Q当院で治療を受ける前はだんな症状でお悩みでしたか?
脳梗塞を発症して後頭葉の視覚を司る部分にて障害を起した為視野の欠損状態となった。診断は左半盲で視覚の範囲は40%位となり集中力がかなり減退した。
Q実際に治療を受けていかがでしたか?
治療を施していただきまして、視野が60%位迄に回復した状態感じています。又視力が両眼共”1.2”の状態が保たれています。

 

●女性 50代 椎骨動脈解離の後遺症による複視、右半身感覚麻痺 病気以前より不同視(左右で大きく視力差があるいわゆるガチャ目)

山口智子様

Q当院で治療を受ける前はどんな症状でお悩みでしたか?
私は5年前の54才の時に椎骨動脈解離で突然倒れました。数日の安静の後、自分で立つどころか起きる事も出来なくなってました。リハビリ頑張り杖使用で退院する事が出来ましたが、視野の複視と右半身の感覚障害があり運動障害にはリハビリがありますが、私の障害は自然治癒しかなく、治る確率が少ないので治らないと思っていた方が良いと言われて退院しました。
Q実際に治療を受けていかがでしたか?
入院中に先に退院した方がこちらの治療院へ通い運動障害が軽減されていたのを目の当たりにして入院中に治療の予約をして退院2日後に治療を始めました。1年後には、何も感じなかった右手右足が少しずつですが冷たさや痛さなどを感じる事が出来るようになりました。また視野の複視の範囲も狭まりました。今は予防のために治療院へ楽しく通っています。
病気になる前はひどいガチャ目で左目の視力が悪かったのも治療のおかげで視力検査の方もビックリされる位に左右が同じように回復しました。