りゅうえい治療院 スタッフブログ

りゅうえい治療院のスタッフブログです。当院は、脳梗塞や脳出血などの脳卒中後遺症の治療として、雑誌や本・メディアでも取り上げられている「活脳鍼」を行っています。その他、様々な症状で苦しむ患者様が、海外や全国から数多くいらっしゃっています。日々の臨床で感じたこと、臨床報告などを紹介しています。

Month: 6月 2017

りゅうえい健康通信―食養生 あらゆる不眠症に効果的!

『金針菜』

金針菜は古くから心のうつを取り去り、良質な睡眠を約束するというゆり科の薬用野菜です。金針菜の名前は花のツボミが黄色く、針のように鋭いところに由来しています。実は薬用に供されるのは茎や葉ではなくこの花なのです。ホウレン草の20倍といわれる豊富な鉄分をはじめ、各種のビタミン類、フラボノイド類、メラトニン様物質等、他の花にはみられない有効成分が含まれているのです。中国では、嫌な事があってイライラしたり、クヨクヨしたりしてなかなか寝つかれない時、さかんに金針菜の煎じ汁を飲んでいます。金針菜の効能は日本でも注目を集め、最近、大学等の研究機関で詳しく調査されました。その結果、金針菜には自律神経系やホルモン系を調節して精神を安定させたり、不眠を改善させたりする作用があると判明したのです。

臨床に用いた医師は「なかなか眠れない、寝てもすぐ目が覚めてしまう等、ひと口に不眠と言っても、その症状は多種多様。しかし、自律神経を整えることで不眠を解消する金針菜は、全ての不眠のタイプを改善します。特にホルモンと身体が密接に関係し、普段から自律神経の乱れやすい女性には効果的。更年期障害に伴う不眠はもちろん、月経前緊張症の神経の高ぶりからくるイライラ・不眠等には最適、」と、具体的に説明してくれました。最後に飲み方ですが、就寝の30分から1時間前に、3~5g程度煎じた汁を飲むようにします。味に抵抗のある方は、お湯や牛乳に溶かして飲むと良いでしょう。飲んだその夜からよく眠れた人も多く、速効性も期待できます。そうでなくても、2週間から1ヶ月継続すれば、眠りが安定してきます。既に睡眠薬を飲んでいる人も、少しずつ睡眠薬の量を減らしても、眠れるようになります。眠れないからと、毎晩お酒を飲んで、アルコール依存症になってしまう人がいます。不眠にアルコールで対処することだけは、絶対に避けて下さい。睡眠薬に抵抗を感じるなら、金針菜を、まず試してみてはいかがでしょう。

金針菜(イメージ)1

 

りゅうえい健康通信―食養生 病中病後の体力増強!血流改善!胃腸の機能改善、糖尿病の改善!に効果的!

『高麗人参』

 

高麗人参は古くから中国や日本で病中病後の体力増強に用いられてきました。大量に人工栽培されるまでは非常に貴重な生薬でした。今でも野生の30年ものになると1本数百万円の値がつくぐらいです。テレビの時代劇で、おとっつぁんの病気を治すため、けなげな娘が高麗人参のかたに売られていくシーンがありますが、その昔は、すべて天然物ですので、庶民が簡単に購入できなかったのです。

 

現代では、朝鮮半島、中国、ソ連、アメリカ、日本とあらゆる場所で大量に栽培されるようになったので、比較的安価で手に入るようになりました。それでも、他の生薬に比べたら高い方です。

 

高麗人参の有効成分はジンノサイドと呼ばれるサポニンです。このサポニンが身体全体に働きかけ、体力増強、血流改善、増血、抗ストレス、胃腸の機能改善、糖尿病の改善、制ガン等、さまざまな効果を生むのです。

高麗人参

りゅう健康通信―ツボ療法 目の疲れ、不眠、頻尿、血圧異常(高血圧、低血圧)などに有効なツボ

「太敦(たいとん)」

目の疲れ、不眠、頻尿、血圧異常(高血圧、低血圧)などに有効なツボ

 

太敦という足のツボは足の一指(親指)の爪のはえぎわにあります。このツボは肝経という経絡上にあり、しかも末端に位置していますので、肝経の性質を激しく表しています。

肝経は単に肝臓の機能を司っているわけではなく、筋肉や目、泌尿器系、睡眠等にも深い関わりをもっています。ですから、肝経が乱れると、腰痛、足腰の脱力感、頻尿、寝小便、インポテンツ、月経異常、めまい、頭痛、不眠、興奮、血圧異常、視力低下等の症状を表します。もっとも他の経絡の乱れでも同様な症状を表しますが、肝経の乱れは特徴的にわき腹やみぞおちの圧迫感があります。ですから、このわき腹やみぞおちの反応があった上、上記の症状がみられた場合肝経の乱れと判断するわけです。

この場合、太敦への刺激が劇的に効果を表します。アルコールの飲み過ぎで肝機能が低下している時に、このツボへ針や灸をすると、その晩からお酒がうまくなるのです。つまり、アルコールの解毒がスムーズに行われるようになるのです。当然γ-GTPも下がってきます。

是非、目の疲れ、不眠、頻尿、血圧異常(高血圧、低血圧)、あるいは肝機能障害で悩んでいる方、大いに指圧してみて下さい。井穴と呼ばれ、刺激の感受性が高いツボですので、指圧だけでも十分効果は表われます。

 

●効能

目の疲れ、不眠、頻尿、血圧異常(高血圧、低血圧)

 

●ツボの場所

足の一指(親指)の爪のはえぎわ

 

●やり方

手の指先で、足の一指(親指)の爪のはえぎわを揉むように刺激する

大敦1