「肩井」

 

肩凝りと腰痛、一見異なった病気のように思われますが、時に肩凝りを治すと、同時に腰痛が解消するケースがあります。特に、足腰に力が入らず、常日頃腰が重く痛むという腰痛の場合には、肩の張りをほぐす必要があります。そんな時使うツボが肩井(けんせい)です。

 

肩井は、肩の中央にあって、肩が凝ると圧痛を一番感じるところです。東洋医学では、老化が進むと、腎(生命現象を司る臓器といわれ、西洋医学的でいうところの腎臓を指してはいない)が弱るといいます。また、その弱りが腎と表裏一体をなす腰にあらわれると言っています。多くは痛みの反応です。それが、慢性化すると段々上に登り、背中や肩に凝りや痛みを起こさせるのです。つまり、腰と肩は、密接な関係があるのです。ですから、肩凝りをほぐす肩井が腰痛にも効くのです。更に、肩井は、頭痛やめまい、五十肩にも効果的です。変わったところでは、女性の乳腺炎にも良く効きます。痛いが気持ちも良いぐらいの力で指圧して下さい。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

BoneBodyBack