「杜仲茶」

 

杜仲はトチュウ科の落葉樹です。恐竜時代から地球環境の変化を乗りきり、今に生きる植物です。雌雄異株という原始的な生殖をしますが、イチョウと同様生命力の強さでは定評があります。薬用には樹皮や葉を使用します。特に葉は茶としての利用に適しています。中国では心臓や胃腸を強くして身体を強壮にさせたり、代謝を亢進させたりすると言われています。日本では一時杜仲茶がブームになりましたが、その時はダイエット目的でした。基礎実験も数多く行われました。実験では、杜仲茶を与えたラットの方が、与えないラットより35%もお腹の脂肪が減っていました。また中性脂肪は75%も減っていました。中性脂肪は肥満細胞に蓄えられている脂肪です。その他、血圧を下げたり、精神を安定させて不眠を改善させたりする作用もあります。杜仲茶の有効成分はピロレジノールやジグルコサイドと言われています。飲み方は、1リットルの水に3~5gの乾燥葉を入れ、約15分煎じ、1日何回かに分けて飲むと良いでしょう。