解谿(かいけい)

年末年始はお酒を飲む機会が多くなります。ややもすると飲み過ぎて、二日酔いになります。二日酔いはアルコールの代謝産物で毒性のあるアセトアルデヒドが脳を侵す、あるいはカテコールアミンの分泌が高まることにより発生すると言われています。

 

東洋医学では、胃に水分が停滞し、それが熱をおび、吐き気や頭痛といった症状をあらわすとされています。この場合、胃経と呼ばれる経絡上にあるツボに指圧したり、楊枝による刺激を与えると良いでしょう。

 

特に解谿(かいけい)というツボや上巨虚(じょうこきょう)と呼ばれるツボは即効的に吐き気や胃の重みなどの症状を緩和させてくれます。解谿や上巨虚は、胃に溜まった熱を排出する作用があるからです。ゴボッと胃が音をたてたら効果があった証拠です。

 

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

足関節足関節前面の中央足関節前面の中央に指を当ててを屈伸させると3本の腱に触れる。その真ん中の腱の所3本の腱に触れる。その真ん中の腱の所指を当てて、関節を屈伸させると3本の腱に触れる。その真ん中の腱の所前面の中央に指を当てて、関節を屈伸させると3本の腱に触れる。その真ん中の腱の所

BoneFootF