「風池と天柱」

巷では梅の花が咲き初め。春の足音が聞こえてきます。ただ、春先はいろいろな病があらわれやすい時期でもあります。例年、腰痛、めまい、目の疲れ、欝などの症状の悪化に苦しむ人が多いのです。

これらの病態を東洋医学では肝胆の病と呼んでいます。春は臓器で言えば肝胆が謳歌する季節です。ところがそれに上手く乗ることが出来ないと、足腰の痛みや痺れ、めまい、目の疲れ、欝などの症状があらわれると言うのです。最近では花粉症もあります。それ自体が肝胆の病とは言えませんが、ストレスなどでイライラしていると肝胆に負担がかかり、それが水毒を助長して発症することはあります。

そこで、ご紹介したいのが、風池(ふうち)と天柱(てんちゅう)です。ツボの位置は、首の後ろの2本の筋が頭蓋骨に交わるところが天柱で、その両側のくぼみ(ぼんのくぼ)が風池です。風池も天柱も肝胆の病に奏功します。おそらく、これらのツボの刺激が脳血流の改善に役立つのではないかと考えられます。ですから、眼精疲労、近視、老眼、めまい、不眠、てんかん、欝を始め、風邪や花粉症からの鼻水や鼻づまりなどにも有効例が多いのです。

一般の方は不思議に感ずるかもしれませんが、頭痛や腰痛、踵の痛みにも効果的です。これは、陰陽五行と経絡というツボの流れを知っていれば、簡単に理解できることですので。自分で行う場合は、親指で両方の風池あるいは天柱を同時に指圧すると良いでしょう。一日に5分程度、二回ほど行えば十分です。その際、頭全体も5本の指で指圧すると更に効果があがります。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

Atama