神経反応点

人手不足の影響で仕事量が極端に増えたせいか、慢性疲労を訴えるサラリーマンが頻繁に来院します。診ると、肉体的な疲労はさることながら、精神的な疲労の方が強くあらわれれているケースが多いようです。

そこで、精神安定に優れた効果のあるツボをご紹介します。それは神経反応点とも呼ばれる至陽、霊台、神堂といったツボです。至陽は両方の肩甲骨の下端を結ぶ線を引き、その線が交差する背骨と背骨の間にあります。霊台はその一つ頭寄りに上がった背骨と背骨の間にあり、神道はそのさらに上です。精神的な問題がある場合、これらのツボを指を立てて押すと必ず痛みがでます。

これらのツボは自律神経失調症、更年期障害、うつ病、神経症等が原因の諸症状の改善に効果があります。例えば、不眠、イライラ、抑うつ、のぼせ、頚痛、めまい、疲労感、動悸、腰痛、手足のしびれ、発汗、目の疲れ、首肩こり、下痢、便秘、胃痛、生理不順等です。あくまでも自律神経系やホルモン系の失調が原因となっている場合ですが。

私達は腰痛を主訴としていても、これらのツボに反応がある場合は必ずこれらのツボに鍼をしたり、灸をしたりします。腰痛のために精神が過敏になっているかもしれませんし、精神的な影響で、腰痛が起きているかもしれないからです。私達は病を診るのではなく、病人そのものを診るのです。これが、基本的な東洋医学の治療方針なのです。原因が精神神経にあると思われたら、これらのツボの圧痛を調べその上で、親指をた立てるようにして指圧しましょう。指圧をしてくれる人が見つからないという方は、是非、私達の治療院にいらして下さい。

BoneBodyBack