健康に良いばかりか美容にも卓越した効果が期待できるギムネマとコラーゲンをご紹介します。ギムネマは、インド中南部に自生する植物で、特徴的なことはこの葉を噛むと不思議なことに他の味覚は変化がないのに、甘味だけを感じなくなってしまうことです。葉の中のギムネマ酸という成分が、糖分をブロックすると言われていますが定かではありません。ただ、鳥取大学医学部の日地康武教授等の糖尿病ラットを用いた実験で、高糖分配合飼料を与えても、ギムネマを併用すれば血糖値は上昇しないという結果がでていますので、理由は別にして糖分の吸収が抑制されるのは明らかです。この作用は十分にダイエットにも応用できます。甘いものに目がない方は是非試してみてください。次にコラーゲンですが、以前お話した、コンドロイチン硫酸とともに結合組織を構成する成分です。結合組織は細胞同士をつなぐ他に細胞に栄養を与えたり、細胞から老廃物を取り出したりする働きがあります。従って、老化などで結合組織のコラーゲンやコンドロイチン硫酸が減少すると、体全体の細胞が弱体化して病気にかかりやすくなったり、腰痛や神経痛が発症したりします。そればかりか、肌のみずみずしさを失ったり、しみができたりして、美容面でも悩まされるようになります。老化現象が気になり始めたら、少しでも長く若々しくありたいと思ったら、是非、コラーゲンやコンドロイチン硫酸を試してみて下さい。シミが薄くなった。化粧ののりが良くなったと結構評判です。