「水溝」

 

鼻と口の間に2本の線があります。その中央にあるツボが水溝です。空手では、人中と言って人体の急所の1つとなっています。このツボは意識が混濁する一切の病気に効きます。

 

古くは、子供熱性痙攣の沈痙、溺死状態からの回復、てんかん発作の沈静等に利用せれてきました。最近中国では、このツボの有用性を動物実験で確かめています。ウサギの呼吸リズムを狂わしても、水溝に針刺激を与えるとすぐに、正常になった、あるいは脳虚血状態になったウサギがすぐ回復したと報告しています。恐らく、自律神経を反射的に賦活するのでしょう。

 

その他、ヒステリー、便秘、鼻血、歯痛、顔面麻痺、しゃっくり、糖尿病による低血糖、脳充血にも効果があります。指を立てて少し痛みがでるくらいの指圧をします。水溝は指圧でも十分に効果がでます。

 

暑い場所にいて頭がくらくらしてきた、ボーッとして吐き気がしてきた、頭がガンガンして身体が熱くなってきた、汗が急に出なくなり筋肉が痙攣する、こういった病状は正に熱中症が進行している状態です。身体を冷やし、水分を補給するとともに水溝に指圧をして下さい。救急車で運ばれる確立がぐっと減ります。

 

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。