りゅうえい治療院 スタッフブログ

りゅうえい治療院のスタッフブログです。当院は、脳梗塞や脳出血などの脳卒中後遺症の治療として、雑誌や本・メディアでも取り上げられている「活脳鍼」を行っています。その他、様々な症状で苦しむ患者様が、海外や全国から数多くいらっしゃっています。日々の臨床で感じたこと、臨床報告などを紹介しています。

Page 2 of 22

りゅうえい健康通信―食養生 暑さの影響で起こりやすい脳卒中

脳卒中の引き金は動脈硬化

脳卒中は脳の病気という印象ですが、血管の障害によって発症する症状の総称で、大きくは脳の血管が詰まる「脳梗塞」と脳の血管が破れて出血する「脳出血」や「くも膜下出血」に分けられます。かつて、脳卒中は冬の病気と言われていました。ところが最近では、脳梗塞が増えたことから、脳卒中はむしろ夏に多い病気となっています。理由は、汗をかくことで血管内の水分が不足し、血液の粘り気が高くなり、その結果、血管が詰まりやすくなるからです。まだまだ暑い日が続いていますので、夏場の脳卒中には十分注意しましょう。

ある日、突然起きるのが特徴

脳卒中の語源は「悪い風にあたって突然倒れる病」。昔から、何の前触れもなくおこる病とされていました。しかし、近年では医療が進んだことで、原因が解明し、予防や対処ができるようになりました。脳卒中を引き起こす大きな要因は動脈硬化。動脈が硬くなったり狭くなったりすると、血液の流れが悪くなります。狭くなった部分に血の塊が出来て、それにより突然、脳内で血管が詰まったり、破れたりして脳卒中となるのです。普段から高血圧や高脂血症、糖尿病などの持病をお持ちの方は、お酒を控えたり、適度な運動を心がけるなどして予防をすることが重要です。

日頃の対処が最大の予防

起こすとやっかいな後遺症

脳卒中を防ぐ食生活

脳卒中を起こすと生命にかかわることが多く、たとえそうでなくても手足の麻痺や言語障害などの後遺症を残すことが多い病気です。起こさないようにするには、糖尿病や高血圧と同様、コレステロールに注意した食生活が大切です。

①肉より魚を中心に

お肉や油を使った料理を控え、DHA、EPAなどの体内で固まりにくい脂を多く含む魚(マダイ、サバ、ブリ、サンマなど)を積極的に食べましょう。

②良質のたんぱく質を

納豆、豆腐、豆乳などの大豆製品でたんぱく質を摂りましょう。

③野菜、ゴマはたっぷりと

色の濃い野菜やゴマなど抗酸化作用の高い食品をしっかり食べましょう。

血液サラサラにする玉ネギ

玉ねぎには血圧を下げるケルセチンや血の流れを良くするサイクロアリインやイソアリインが多く含まれています。特に栄養価の高い薄皮も一緒に摂れるように皮つきのまま1/4程度を、軽く塩味をつけた500mlの水で20分間煮て、その煮汁を飲むと効果的です。

脳の血流を良くするツボ

目尻の外端のくぼみにある瞳子髎は脳の血流をすぐに良くするツボです。脳卒中や認知症の予防にも役立ちますので、このツボを1日1回、人差し指または薬指で両側を1分間ほど指圧してください。

前兆を見逃さない

現在、脳卒中は日本人の死亡原因の第3位。医療が進んだことで死亡率は年々減少していますが、高齢化社会にともない患者数は増加しています。脳卒中は、上記の対処法はもとより、わずかな前兆を見逃さないことが大切です。手足の麻痺、ろれつが回らない、激しい頭痛や強いめまい、吐き気、視野が狭まるなど、いつもと違う前兆を見つけたら、ずぐに医療機関にかかりましょう。

肥満や高血圧にならない工夫を

脳卒中を防ぐには、動脈硬化の予防、悪化の防止が何より。そのためには食事だけでなく、生活習慣の改善も必要です。動脈硬化にならないために次の点に気をつけましょう。ストレスを避け、規則正しい生活を送ること。適度な運動を実践し、肥満を防ぎましょう。車に頼らずに歩くだけでも、ちょっとした運動になります。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

 

りゅうえい健康通信 ツボ療法―熱中症に有効なツボ

「気海」

今年の夏は暑すぎます。各地で近年まれに見ぬ暑さを記録しています。その為、熱中症で倒れる人が後を絶ちません。そこで、熱中症になりかけたら直ぐに対処すると優れた効果を発揮するツボを紹介します。

そのツボの名は気海と言います。おへその下2cmにあって、古くから気付けのツボとして有名です。熱中症を東洋医学では亡陽と診断します。亡陽とは身体の水分が極端に消耗して、全身の臓器不全を起こした状態です。亡陽は色々な病気で発生しますが、熱中症もその原因の1つです。

熱中症になり始めたら、まず涼しい場所で横になり、場合によっては脇の下や首を氷で冷やします。又、水分の補給や、すいか、メロン、お茶等の利尿作用のある食品を摂取すると良いでしょう。その上でこの気海に指圧や温灸を施すと、ほとんどの場合、大事に至らないで回復します。

その他、このツボは、気海と言うぐらいですから、元気を充満させてくれます。ですから、虚弱、インポテンツ、下腹部や下肢の冷え、腰痛等にも効果があります。又、うつ病や不眠、不安等の改善にも応用できます。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

りゅうえい健康通信―食養生 夏に起きやすい脳貧血

 

気温が上がってくるこの時期、めまいがしたり、急に目の前が暗くなって意識を失ったりすることがあります。これは気温が上昇することで、血管が拡張した結果、全体の血液量が減ってしまうことで起きる症状です。これは、脳貧血と呼ばれ、後述する鉄欠乏性貧血とは原因が異なります。入浴中に起きるめまいは脳貧血のひとつです。日頃から貧血気味の人は、くれぐれも注意が必要です。

貧血に多く見られる症状

全身倦怠感、めまい、立ちくらみ、頭痛、動悸、息切れ、やたら眠い

女性に多い鉄欠乏性貧血

夏に起きやすい脳貧血とは別に、鉄分不足が原因で起こる貧血があります。呼吸によって体内に取り込まれた酸素は、血液中にあるヘモグロビンと結びついて全身を巡りながら体中の組織に酸素を運び、生きていくのに必要なエネルギーを作り出していきます。しかし、このヘモグロビンが何らかの理由で減少し、全身に酸素が行き渡らなくなると起きるのが貧血。ヘモグロビンは鉄で合成されるため、この状態を鉄欠乏性貧血と呼んでおり、月経などで鉄分が不足しがちな、女性に多く見られる症状として知られています。

脳貧血が起きた時には

血流を促すことが何よりも肝心

倒れてしまった際の応急処置

  • 横になり、足の位置を頭よりも高くする

血液がスムーズに流れるようにしましょう。頭が心臓より低くなるようにして、横になります。

  • 体を締め付けるものを緩める

ベルトやシャツ、下着などからだを締め付けているものを緩めて、症状が収まるのを待ちます。

  • 体を温める

脳貧血を起こした時は、からだが冷えている場合が多いので、タオルケットや毛布などで体をくるむなどして、体を温めましょう。

温かい飲み物や柑橘系の食品で対処

意識が戻ったら、血流を高める温かいお茶やミルクなどを飲みましょう。少量のアルコールでもかまいません。とにかく全身に血を送ることが大切です。湯あたりが原因による脳貧血には、レモンやみかん、梅干など酸味のあるものを食べると良いでしょう。酸味は、血管を引き締める作用があるため、回復が早まります。

血流を高めるツボ

足の裏や手の平をマサージで自律神経に働きかけ、血管を広げ脳に血を送ります。また、おへそのまわりを指圧することも有効です。腹部にある自律神経を刺激することで、血液が上半身に巡り、回復を早められます。

食べ合わせに気をつける

貧血を予防するには鉄分を十分にとることが必要です。ですが、食品の食べ合わせによって、鉄分の吸収を阻害するものもあるので注意しましょう。緑茶や紅茶、コーヒー、アルコールに含まれるタンニンがそれに当たります。鉄分を効率よく吸収するために、食後のお茶は麦茶やほうじ茶にするか、食後1時間半以上あけてから飲むようにすると良いでしょう。

日頃の食生活が貧血を防ぐ

朝食を抜いたり、インスタント食品を好む人は、貧血を招きやすい食生活といえます。

貧血を防ぐには、ビタミンや良質のタンパク質を中心としたバランスの良い食事を摂ることです。また鉄分を多く含むイワシ、まぐろ、レバー等は、積極的に摂りたい食品です。

熱中症予防対策

7月も後半に入り、連日しのぎがたい暑さが続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。水分、塩分補給をかかさず今年の夏も乗り切りましょう。

当院では、熱中症対策としてウォーターサーバーや、塩飴を常備しております。皆様お気軽にご利用下さい。

 

りゅうえい健康通信―ツボ療法 てんかん発作の沈静や熱中症に有効なツボ

「水溝」

 

鼻と口の間に2本の線があります。その中央にあるツボが水溝です。空手では、人中と言って人体の急所の1つとなっています。このツボは意識が混濁する一切の病気に効きます。

 

古くは、子供熱性痙攣の沈痙、溺死状態からの回復、てんかん発作の沈静等に利用せれてきました。最近中国では、このツボの有用性を動物実験で確かめています。ウサギの呼吸リズムを狂わしても、水溝に針刺激を与えるとすぐに、正常になった、あるいは脳虚血状態になったウサギがすぐ回復したと報告しています。恐らく、自律神経を反射的に賦活するのでしょう。

 

その他、ヒステリー、便秘、鼻血、歯痛、顔面麻痺、しゃっくり、糖尿病による低血糖、脳充血にも効果があります。指を立てて少し痛みがでるくらいの指圧をします。水溝は指圧でも十分に効果がでます。

 

暑い場所にいて頭がくらくらしてきた、ボーッとして吐き気がしてきた、頭がガンガンして身体が熱くなってきた、汗が急に出なくなり筋肉が痙攣する、こういった病状は正に熱中症が進行している状態です。身体を冷やし、水分を補給するとともに水溝に指圧をして下さい。救急車で運ばれる確立がぐっと減ります。

 

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

 

夏季休業のお知らせ

さて、当院は下記の日程で夏期休業を頂戴いたします。

 7月21日(土)から7月29日(日)

 

7月30日(月)より通常通り診療致します。

お盆は休まず診療致します。

 

ご迷惑をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願い致します。

りゅうえい健康通信―食養生 梅雨時に起こりやすい不整脈

 

気圧や気温の変化のご用心

緊張や興奮、運動した後などに、胸が脈を打つようように感じたことは、おそらく誰でも経験があるのではないでしょうか。しかし、特に何もしていないのに、急に動悸を感じて脈に触れてみると、規則正しく打っていない脈拍に気付くことがあります。これが、不整脈で、梅雨になると起こりやすい症状のひとつです。雨などによる気圧の変化や気温の差で、自律神経のバランスが崩れるのが原因と考えられています。不整脈の多くは命に別状ないのですが、ちょっとした階段の上り下りで不整脈のほかに動悸や息切れ、胸の痛みなどを伴うことがあれば、要注意です。

生活習慣が引き起こすことも

不整脈は心臓が血液を送り出すリズムの乱れから起こります。原因は様々ですが、一番多いのは、加齢によるものや自律神経の乱れなどです。また、飲酒、喫煙、不眠、過労などが引き金となる場合も。不整脈は一過性であれば、そう心配することもないのですが、頻繁に起こるようであれば注意しておきたいものです。また、次の症状が続くようであれば、心臓のトラブルが考えられますので、病院で検査してもらいましょう。

この症状は要注意

  1. 気が遠くなったり失神することがある
  2. めまいや強い息切れを感じる
  3. 1分間に脈拍が50以下に減少したり、逆に脈拍が150以上に増加する
  4. 脈が極度に弱く感じる
  5. 胸に痛みを感じる

ストレスを溜めない規則正しい生活を

起こしてしまったら、まずは安静につとめる

普段から心がけたいこと

不整脈は、脈が速くなる「頻脈」と逆に遅くなる「遅脈」にわけられます。自分で気がつかないことも多いのですが、もしも検査でそのように診断されたら、治療の前に生活の中で対処できることは行う工夫も大切です。例えば、飲酒や喫煙の習慣を見直す、ストレスを溜めないように心がけるなど。それでも起こってしまったら楽な姿勢になって安静につとめましょう。

精神安定に効くナツメ

自律神経の乱れによる不整脈や動悸にはナツメが効果的。ナツメの実にはトリテルペノイドサポニンと呼ばれる精神を安定させる成分が含まれているのです砂糖漬けにしたものや、ドライフルーツにしたものが市販されていますので、1日に45個ほど食べれば次第に効果が期待できるでしょう。

不整脈や動悸を抑えるツボ

小指側の手首付近に神門というツボがあります。心臓の入り口に作用するツボで、不整脈を感じたら、右手の親指の腹で左手の神門を指圧すると良いでしょう。不整脈や動悸がある場合、押さえると強い痛みを感じます。痛みが軽くなるまで、押し続けてください。

血液をサラサラに

多くの場合、不整脈だけで深刻な症状になることはありませんので、過度の心配はいりません。しかし、症状が長く続くと、血栓ができやすくなるなど、心臓に負担がかかるようになります。生活習慣を見直すとともに、日頃から血管の老化を防ぐ酵素たっぷりの食材を摂るなど工夫を。血流を良くするストレッチ運動も有効です。

心臓に優しい生活が基本

不整脈や動悸と深い関わりがある心臓。生涯働き続ける臓器ですから、日頃から負担をかけない生活を。例えば寒暖の差が激しい季節は外出の際、羽織る物を一枚持っていく、暑い日は水分の補給をまめに行う、疲労を感じたら休息するなど、ちょっとした心がけで、負担はやわらぎます。

りゅうえい健康通信-ツボ療法 認知症予防に有効なツボ

「四神聡」

急速な高齢化社会を迎え、様々な社会問題が発生しています。身近なところでは、介護関連です。特に認知症を患っているご老人の介護は大変です。そこで、認知症を予防するツボ治療を紹介しましょう。それは、四神聡(ししんそう)というツボです。

ツボの位置は、頭にある百会という有名なツボの前後左右各1cm離れた4ヶ所になります。百会はツボ辞典で調べると正確な場所が判ります。それを基準にして四神聡を探すと良いでしょう。

中国の臨床では、脳血管性認知症の患者さん30名に四神聡を主体に手足のツボを加え治療したところ、一般的な社会活動ができるほど改善した例が6例、一般的な社会活動はできないが、認知症の主症状である健忘の改善がみられた例が20例、無変化が4例という結果でした。私達も認知症の患者さんをよく診ます。当然、四神聡を使うケースが多いのです。

下腹部にある関元(かんげん)や足の三里(さんり)を併用すると、更に成績が上がるようです。以前、80歳近い老人性痴呆症の患者さんが娘に付き添われて来院しました。当初、一桁の足し算もできないし、朝食べた食事の内容も覚えていないという状態でしたが、針灸治療を週2回2ヶ月ほど続けると、二桁の足し算引き算ができるようになりました。また、娘の付き添いもいらなくなり、本人ひとりで来院できるようになりました。ご自分で行う場合は、楊枝の先端で圧迫するようにすると良いでしょう。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

teppen

りゅうえい健康通信―食養生 予防できる認知症

「とっさに人の名前が出てこない。」このようなもの忘れは自然な老化現象で、誰にでも起こりえます。一方、認知症は病気であり、単なるもの忘れとは違います。認知症はアルツハイマー型と脳血管性の2種類に分けられます。今回は、予防可能な脳血管性認知症について触れていきましょう。脳血管性認知症は、脳の血管が詰まることで、脳の神経細胞に栄養や酸素が行き届かなくなり、その結果、神経ネットワークが壊れて起こります。脳血管性認知症は、高血圧や糖尿病、肥満など生活習慣病があるとリスクが高くなるため注意が必要です。では、脳血管性認知症を初期段階で発見するには、どのような変化に注意したらよいのでしょうか。

こんな症状に要注意

認知症になると誰にでも見られるのが知的能力の低下です。はじめの頃は新しいことを覚えたり、記憶する事ができなくなります。もの忘れとの違いは古い記憶ではなく、新しい記憶がなくなること。例えば、食事をした直後に食事をしたことを忘れてしまうという時は、認知症が疑われます。さらに進行すると今が「いつ」で、ここが「どこ」なのか、自分や周囲にいる人が「誰」なのかが分からなくなります。重度になるとおつりの計算ができなくなったり、判断力、注意力が低下し、筋道をたててものごとを考えることができなくなります。

できることから始める予防

日ごろから注意することで、リスクを軽減

生活習慣と認知症の関係

脳血管性認知症は脳の血管が原因となることが多いので、栄養のバランスの良い食事を摂ることは、高血圧・動脈硬化などの生活習慣病の改善だけでなく、認知症予防にも効果的です。また脳の若さを保つために、精神面、行動面の努力も必要。日ごろから脳を活発に動かすように心掛けましょう。

「予防のポイント」

  1. 塩分、糖分、動物性脂質を抑え、魚や野菜などを多く摂る。
  2. 運動で脳の血流を良くする。
  3. 文章の読み書き、囲碁や将棋、楽器の演奏など趣味で脳を活性化する。
  4. 人とのコミュニケーションを積極的に行う。
  5. いつも明るい気持ちで、興味と好奇心を忘れないようにする。

血流改善に優れた黒豆

黒豆には良質なたんぱく質と脂質が含まれ、さらに血流改善作用や抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれています。味付けは出来るだけうす味で調理し、毎日10~20g程度は食べましょう。

脳を活性化するツボ

両目尻の外側、骨がへこんでいる部分にあるツボを指圧すると、物事を考えるためにひつような前頭葉が活性化します。毎日数回、人差し指や中指、薬指で指圧してください。1回の指圧時間は、「押して離して押して離して」を、一分間ほど続けましょう。

運動・栄養・昼寝が大事!

よく運動し栄養に気をつけて、昼寝をする人のほうが認知症の発生率が下がることが、厚生労働省の研究で分かりました。研究は、茨城県利根町の65歳以上を対象に実施。対象者400人に運動や栄養、睡眠の改善を指導し、指導しなかった1500人と比較した結果、生活習慣を指導したグループでは、認知症の発生率は3.1%で、しなかったグループは4.3%に上がりました。こんな身近なことで手軽に予防ができるなら、是非取り入れてみたいですね。

早期発見・早期治療で進行を遅らせる

認知症になってしまったら、仕方ないと諦めるのは大間違いです。現在は、早期発見と早期治療によって進行を遅らせたり、改善させたり、することが可能になっています。特に脳血管性認知症は急に症状が悪化するわけではなく、ゆっくりと進行するのが特徴です。おかしいなと思ったら、専門の先生を受診するようにしましょう。

りゅうえい健康通信―ツボ療法 消化器系の痛みの緩和に有効なツボ

「地機と梁丘」

医療機関は、もうすぐ連休に入ります。病気を持っている方は、さぞかし心配でしょう。また、そうでない方も、美味しいもの食べ過ぎたりお酒の飲み過ぎたりで、病院にかかる可能性が高まりますので、よくよく考えれば、不安になるはずです。特にこの時期は胃十二指腸や胆嚢、すい臓を悪くしやすいので要注意です。

十二指腸や胆嚢の痛みはミゾオチから右の肋骨の下にあらわれます。胃やすい臓は、ミゾオチや左の肋骨の下がよく痛みます。これらの病気の中で緊急を要するのは、すい臓炎です。場合によっては多臓器不全を起こし、死に至ることもあるからです。

すい臓炎の痛みは、ミゾオチの激しい持続痛です。横向きになって、膝を抱え込むと痛みが和らぐ傾向があります。油物を摂り過ぎたうえに大酒を飲むと、発症する確率が増えます。多くは胆嚢炎も併発しています。そこで、ご紹介したいツボが地機(ちき)と梁丘(りょうきゅう)です。

これらのツボは消化器系の痛みを緩和するばかりか、軽ければ完治させてくれます。もともと押すと痛みを感じますが、胃十二指腸や胆嚢、すい臓に炎症になると、更に激しくなります。その痛みを我慢して、しばらく強めに指圧していると、お腹の痛みがだんだん和らぎます。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

« Older posts Newer posts »