利用者の声

治療を受けて頂いた患者様から、たくさんのお喜びの声を頂戴しております。

健やか鍼

夜自然と眠れるようになりました。

症状 更年期障害(不眠、動悸、首肩の凝り、頭重感)

K・Oさん 52歳 女性

一番辛かったのは、首肩のコリと頭重感、動悸と不眠でした。更年期のせいか、熟睡できない日が続くとイライラして、少しの動作でも動悸が激しくなったり、夜になると、その動悸が気になってなかなか寝付けなくなるという悪循環の繰り返し。病院で処方された薬が欠かせないのですが、止められなくなってしまうのではないかと大きな不安がありました。

担当者より

話を聞いてみると、不思議にも婦人科ではなく、心療内科に通院していると言う。飲んでいる薬は、精神安定剤と入眠導入剤である。時期が来れば、症状は和らぐであろうが、薬剤に耐性を帯びてしまったら困る。離脱できなくなる可能性があるからだ。そこで、東洋医学的な検査結果から導かれた肝虚という症候に対する経絡治療を施し、その後、優れた精神安定作用のある至陽(しよう)や、その脇の膈兪(かくゆ)、頭の百会(ひゃくえ)、足の三陰交(さんいんこう)や行間(こうかん)、失眠(しつみん)などのツボに鍼灸治療を施し、更に頭重感や首肩のコリを取るため、頭や首肩に散鍼(さんしん)と呼ばれる軽い鍼刺激を与え、筋肉が極度に緊張しているところに皮内鍼を粘着テープで固定し、初回の治療を終えた。
また、自宅で就寝時、鼻の下に家庭用のツボシールを貼ることも勧めた。活脳鍼のうちの唇鍼の応用である。この養生法は、多くの人からよく眠れると褒め言葉を戴く。
再診は1週間後だったが、見違えるほど顔色が良く、言葉も軽やかになっていた。尋ねると、ベッドに横になると、すぐに眠くなり、5~6時間ぐらいは熟睡できると、不眠症状の改善を述べていた。とにかく、更年期障害の諸症状は、良質な睡眠が取れれば、軽くなるケースが多い。この方も4~5回の治療で、首肩のコリや動悸が静まり、イライラする日も少なくなった。ところが、その後、十分睡眠を取っているのに、朝眠気がなくなるまで、時間がかかるし、午前中ボーっとしていることが多いと言い出した。もしかしたら、睡眠導入剤が切れるかもしれないと思い、その旨を心療内科医に伝えるようにアドバイスした。睡眠導入剤が効きすぎると、朝もうろうとすることがあるからだ。案の定、睡眠導入剤の量を減らされた。また、これからも症状に合わせ暫時減薬していくと言われたそうだ。
ページトップへ

辛かった冷え性とホットフラッシュが激減!

症状 更年期障害(ホットフラッシュ、不眠、手足の冷え・ほてり、首肩の凝り)

O・Yさん 50歳 女性

若い頃から汗かきで、のぼせ症。でも冬は手足が冷えて夏は身の置き所がない程ほてるといった状態で、本当に辛い思いをしていました。

担当者より

東洋医学では、このような体質を腎陰虚体質と呼んでいる。腎陰虚体質の改善には漢方薬や鍼灸治療が最適である。多少時間はかかるが、大なり小なり効果はあらわれる。しかも、負の副作用がほとんどみられないというのもメリットに挙げられる。腎陰虚体質の方が更年期を迎えると、ホットフラッシュと呼ばれる激しい症状に悩むことが多い。更に不眠やめまい、耳鳴り、頭痛、動悸、息切れなどの不快な症状が加わることもあるので、苦しみは一入(ひとしお)ではない。西洋医学的に観察すれば、交感神経緊張状態と言える。したがって、治療は鎮静作用のあるツボが選ばれる。また、よく眠らせることや手足の血流を改善することも必要だ。東洋医学でいうところの逆気(ぎゃっき)を鎮めるということである。そこで、唇鍼を施したあと、頭や背中、手足にある鎮静ツボに鍼灸治療を行い、更に肘の曲池(きょくち)、腕の通里(つうり)、内関(ないかん)、足の三里(さんり)、陰陵泉(いんりょうせん)、照海(しょうかい)、三陰交、行間、失眠などのツボに鍼あるいは灸をした。このような施術をしばらく繰り返していくうちに熟睡できるようになり、それとともにホットフラッシュ症状も激減した。今は忘れたころに来院する程度になっている。
ページトップへ

ホルモンの乱れが整い、やっと元気を取り戻せました。

症状 ストレス性疾患(吐き気、胃痛、食欲不振、下痢など)、生理不順

A・Kさん 29歳 女性

職場環境の変化が原因だと思いますが、2~3ヶ月置きにしか生理が来なくなってしまい、生理痛も激しくなってしまいました。そこで、婦人科で処方された女性ホルモン剤を飲んだところ、激しい動悸と吐き気を感じるようになってしまい、恐ろしくなって職場の嘱託医に相談すると、「現状を婦人科医に話し、他の治療に変えてもらうようにお願いしたらどうか」と言われました。ところが、婦人科医からは、「将来妊娠しにくくなると困るので、飲む量を減らして引き続きホルモン充填療法を行おう」と言われました。この病院では、自分に合った治療法を見つけることができないと感じ、某大学病院の漢方外来で診てもらうとともに、職場の嘱託医の紹介で、りゅうえい治療院の鍼灸治療も受けることになりました。

担当者より

当初、食欲もなく、食べると胃が痛みムカムカするので、通常の食事が摂れなくなり、3kgも体重が減ってしまったと嘆いていた。確かに栄養不足が肌にあらわれている。乾燥して光沢もなく、やつれた顔をしていた。脈は弦で浮数、へその脇に強い腹大動脈の拍動を感じる。九分九厘ストレスによる身体表現性障害である。時間が掛かることもあるが、回復するでしょうと告げ、週に1度の鍼灸治療を行うことになった。活脳鍼をはじめ、鎮静ツボ、卵巣や子宮の反射ツボなどに温和な刺激を与え続けたところ、約2ヶ月後から毎月生理が来るようになり、疲労感や吐き気、胃痛、食欲不振、めまいも軽快した。残すは持病の手足の冷えと下痢しやすいといった症状だけになった。
ページトップへ

円形脱毛症も不眠も改善!

症状 ストレス性疾患(円形脱毛症、不眠傾向)

S・Sさん 52歳 男性

バブル崩壊後の建設不況で、同僚が解雇されていく中、いつか自分もと考えると、不安でたまりませんでした。利益率の高い建売物件が減り、その穴を埋めるために薄利な内装工事も請け負うようになり、施工数が多くなった分だけ、引き渡し期限の遅延、工事ミスなどのクレーム処理も多くなりました。そんな時、右こめかみの上に10円玉ぐらいの円形脱毛を見つけました。細かく調べると、そのそばにも毛がまばらに生えているところがありました。ここも遅かれ早かれ円形脱毛になるのは間違いない。そう考えると、不安で眠れなくなってしまい、うまく入眠しても恐ろしい夢を何度も見るし、その都度起きてはまた眠るということの繰り返し。市販の発毛・養毛剤を2ヶ月近く塗ってみましたが、一向に髪の毛が生えてくる兆しはありません。そこで、同僚に勧められるまま、貴院の鍼灸治療を受けることになりました。

担当者より

先ずは頭皮の血流状態を改善するために、首や肩の凝りを鍼や灸でほぐした。更に脱毛部分を取り囲むように鍼を浅く刺した。その上で、不眠対策として、活脳鍼の他、頭や背中、手足にある鎮静ツボに適宜鍼灸治療を施した。すると、2~3回の治療で熟睡できるようになり、1ヶ月ほどで患部にうぶ毛が生えてきた。発毛が確認されれば、しめたものである。その後2ヶ月ほどで円形脱毛症の悩みは解消した。
ページトップへ

辛かった全身の重さと腰の痛みが解消!

症状 ストレス疾患(腰痛、全身の凝り、不眠傾向)

T・Yさん 42歳 男性

毎朝全身が硬直しているように感じたり、腰が重く痛んだりするので、スムーズに起き上がることができませんでした。2年ぐらい前に、朝の目覚めが悪く、何度か遅刻してしまったことがあり、その後ぐらいから寝起きに腰の痛みを感じるようになってしまいました。人員整理のあおりを受け、余計な仕事まで回ってくるようになり、疲労が頂点に達していたのだと思います。近所の整形外科で診てもらうと、腰椎には大きな変化がみられないので、恐らく筋肉の疲労だろうと言われました。鎮痛薬や湿布薬を処方され、しばらく試してみましたが、痛みは少しも軽くなりません。そこで、某大学病院で、MRIを撮ってもらいましたが、痛みの原因となる器質的な変化は認められませんでした。思案の挙句、会社の産業医に相談し、しばらくの間休職して安静加療に努めることにしました。そんな折、貴院の活脳鍼のことを知り、一度治療を受けてみることにしました。

担当者より

体格が良く大柄な男性で、外見はいかにも健康そうに見えるが、弱々しい声で悩みを訴えてきた。発症から現在に至るまでの経緯から、身体表現性障害が疑われた。そこで、活脳鍼はもとより、頭や背中、手足にある鎮静ツボに鍼灸治療を施した。また、朝の日光浴と、薄ら発汗する程度の歩行運動も勧めた。特に緑の多い公園で行うと更に効果的だとも付け加えた。朝の太陽の光はメラトニンの分泌を促進し、歩行運動は自律神経を調整し、清々しい気持ちで行う散歩は痛みの中枢性感作を緩和させる可能性が高いからだ。治療経過は良好で、1ヶ月も経たないうちに起床時の全身の凝りも腰痛も軽快し、会社に復帰することができた。現在、悪化しないようにと定期的に来院しているが、根本的な解決法は、本人がストレスに強くなるか、自分の生き方に合う職場に転職することしかないであろう。
ページトップへ

うつ病から解放!

症状 うつ病 心気症 坐骨神経痛 頚肩腕症候群

I・Tさん 65歳 男性

家族に不幸があり、それが精神的な負担になってうつ病を発症し、入院してしまった。一時は死にたいぐらい落ち込んでしまったが、主治医から「自殺願望が消え、社会に順応できる状態まで回復したので、これからは外来で治療を継続していく」と言われた。しかし、まだ仕事をする自信はなく、自宅で寝てばかり。辛うじて4~5時間ぐらいは眠れるようになったが、そのあとはウツラウツラで眠った気がしない。それに手足のしびれが堪らなく辛くて、腕を挙げることすら億劫だった。脇も張ったような感じで、食欲も湧かない。あまりに辛いので胃や肝臓、膵臓にガンが出来たのかもしれないと恐ろしくなってしまった。

担当者より

彼は元々身体についてとても用心深く、病院でも定期的に検査を受けていた。当院には、30年近く坐骨神経痛や頚肩腕症候群で週に1回の割合で通っていた。その彼の音沙汰が2ヶ月近く途絶えてしまい、気になって電話でもしようかと思っていた矢先、ひょっこり現れ、実はうつ病で入院していたと言い出した。出来ることなら元気だった学生時代に戻りたいと憔悴しきった様子で話し、顔を眺めると、目には涙が滲み、眼球はチョロチョロ動き、明らかに不安定な精神状態であることが解る。うつ病の他、心気症も併発しているようだった。そこで、左顔面に重点を置いた活脳鍼を施し、頭や背中、手足などにある鎮静ツボ、更に腹部の強壮ツボに鍼灸治療を行った。消化器系の機能が高まると、非生理的な水分が排出され、うつ的気分が払拭される。古人曰く、痰なければ鬱なしである。本人には、暖かくなると元気のもとである陽気が活発に全身をめぐるようになるので、そのころには鬱的な気持ちは消えると励ましの言葉を送り、同じような治療を継続した。すると、思っていた通り3ヶ月後には職場に復帰することができた。この頃になると、自分を卑下する言葉は少なくなり、医師や隣人、兄弟など自分以外の人の話をすることが多くなっていた。やっと、うつ病から解放されたようだ。現在は、ひと月に2~3回のペースで来院し、治療を継続している。
ページトップへ

間違ったダイエットから脱出!心身ともに健康に!

症状 過食嘔吐、自律神経失調症(首肩の凝り、疲労感、不眠など)、生理不順

M・Tさん 26歳 女性

職場の飲み会で、同期の男性から「もう少しスリムになれば俺が彼氏に立候補するよ。」と言われ、食べては吐くという無謀なダイエットを繰り返したのが体調を崩し始めた原因でした。当初、身長は153cmで体重が63kgもあり、ダイエット本を参考にして、1日800キロカロリー程度の食事にしていましたが、次第に食欲を抑えられなくなり、夕飯時に好きなものを満足するまで食べるようになってしまいました。当然、体重は急速に元に戻ってしまい、そこで、過食嘔吐により摂取カロリーを制限するようになってしまいました。そして、このようなことを半年近く繰り返しているうちに、首肩の凝り、疲労感、不眠、めまい、足の冷えとむくみ、生理不順などの自律神経系やホルモン系の失調症状が出てきてしまいました。

担当者より

初回来院時、伏し目がちに話し、あたかも自責の念にとらわれている様子だった。脈診や舌診などの東洋医学的な検査の結果、脾虚という体質が判明したので、それに応ずる経絡治療を施し、次に活脳鍼をしたり、至陽や、膈兪、百会、三陰交、関衝(かんしょう)、行間、失眠、曲池、足三里、中脘(ちゅうかん)、大巨(だいこ)、気海(きかい)、耳の神門(しんもん)などのツボに鍼灸治療を行ったりして、経過を観察することにした。鍼灸治療において、自律神経系やホルモン系のバランス異常を正すことは、さほど難しいことではない。但し、この症例の場合は、間違ったダイエットを正すことも必要だし、それがやめられないことによる嫌悪感も払拭させなければならない。過食嘔吐患者の多くに脳の前頭前野の血流低下がみられるという。うつ病も同じような報告がある。したがって、活脳鍼を選択したわけだ。勿論、来院する度、食欲は本能なので、どんな強靭な神経の持ち主でもダイエットを続けているうちに過食嘔吐に陥ることはあり得るということと、そのリスクは大きいので、可能であれば止めた方が賢明であるいうことを伝えた。このような治療を反復しているうちに、自律神経失調症状が軽くなるとともに、生理も順調になり、4ヶ月後には全く過食嘔吐もしなくなっていた。現在、夕食を少なめにして、スポーツジムで汗を流すという習慣を続けることで、健康な体重を維持している。
ページトップへ

活脳鍼のおかげで気持ちが安定!睡眠障害も軽減しました!

症状 うつ病 睡眠障害(早期覚醒)

N・Gさん 53歳 男性

情報処理関連の会社に勤めていましたが、過当競争による経営難でリストラされてしまいました。やっとのことで食品販売の仕事が決まりましたが、仕事の内容が合わない上、上司の嫌がらせで、次第に鬱々とした日々を送るようになってしまいました。上司の顔を見ると、顔面がピクピクしてきて吐き気を催し、帰宅しても、職場のことを考えると気持ちが沈んでしまいます。床についても、明日になればまた仕事が待っていると思うと、なかなか寝付けず、眠りについても、睡眠が浅くてちょこちょこ目覚めてしまいます。また、性欲も精力も失せ、夫婦生活が完全に途絶えてしまいました。奥さんは、身体を壊したら元も子もないので、すぐに新しい仕事を探した方が良いと心配してくれたのですが、家のローンもあるし、大学生の子供もいる。それに、苦労してやっと決まった職場をそう簡単には辞められません。そこで、職場に行く途中にある心療内科で診てもらうと、うつ病と診断されました。抗うつ剤の他、入眠導入剤を処方され、しばらく服用しましたが、ボーっとして頭の回転が鈍くなったように感じる日が多くなってしましました。そこで、薬に頼らずとも気持ちが楽になり、安眠できる方法はないかと模索した末、ネットでりゅうえい治療院のことを知り、活脳鍼に期待を込めて来院することにしました。

担当者より

早期覚醒や途中覚醒がある場合、どうしても長時間作用型の睡眠導入剤が必要と、知り合いの心療内科医から聞いたことがある。薬を飲む場合は、どうしてもメリットとデメリットを計りにかける必要がある。慣れるまで、ボーっとするのは仕方ないことかもしれない。そこで、先ずは活脳鍼を施し、次いで鎮静ツボや強壮ツボにも刺激を与えた。特に活脳鍼のうちでも、鼻の付け根にある印堂(いんどう)というツボは気持ちを明るくする作用に優れている。恐らく、眼神経に刺激が伝わり、脳ばかりか涙腺にも影響を及ぼすことで、副交感神経系が優位になるのであろう。また、三叉神経第2枝や第3枝を刺激する唇鍼は、唾液の分泌を高めるので、興奮を鎮める可能性がある。このような治療を7~8回施すと、5~6時間通して眠れるようになるとともに、冷静に物事をとらえることができるようになり、上司の言葉にも過剰に反応することがなくなった。薬剤も心療内科医と相談の上、短期作用型の精神安定剤だけの服用で済むようになった。
ページトップへ

自律神経を整えて毎日が快適に

症状 不安神経症 過敏性腸症候群(便秘型)

E・Aさん 38歳 女性

もともと根っからの頑張り屋で、朝早くから会社に出かけ、残業も男顔並みに頑張っていました。責任感が強いので、仕事をやり残すことが出来ません。そんな性格が災いしてか、30歳を過ぎる頃から、不安神経症になってしまい、都内の漢方クリックで処方された漢方薬を飲むようになりました。それでも、仕事が立て込むと、心に余裕がなくなり、期日までにプレゼン資料を作成できるかとか、ちゃんと戸締りをしてきたかとか、友達に言った言葉に失礼はないかなどと、些細なことが気になってしまうようになりました。すると、絶えずお腹が張ったような感じがして、身体が熱くなったり、ひどい首肩のこりや頭痛を感じるようになってしまいました。そこで、母の勧めで貴院を受診することにしました。

担当者より

神経質になり過ぎると、消化管の運動が不調となり、絶えず腹部に膨満感を感じたり、大便がウサギの糞のようになったりして、すっきりしなくなる。それどころか、身体が熱くなり、ひどい首肩の凝りや頭痛もあらわれる。実は彼女の母親も同じような性格で、不定愁訴の緩和のため、28年以上も前から当院に通っている。顔は赤ら顔、しきりに咳払いをしている。本人はストレスが溜まると、風邪を引きやすくなるので、風邪症状に違いないと言っていたが、脈を診ると、弦で、しかも浮いて弱い、とても風邪とは思えない。おそらく、赤ら顔は交感神経系の機能亢進が原因の、のぼせ現象だろう。また、咳は咽頭過敏からくるものではないだろうか。古人は、これを梅核気(ばいかくき)と呼んでいる。梅の種が喉に引っかかったように感じ、何度も咳払いをして取り除こうとするが、なかなか取れないとのことだ。漢方クリックで半夏厚朴湯という漢方薬は必ず出されているとのことなので、まず咽頭過敏に間違いない。そこで、活脳鍼の他、至陽や、膈兪、百会、三陰交、足三里、曲泉(きょくせん)、陰谷(いんこく)、大敦(たいとん)、太衝(たいしょう)、行間、厲兌(れいだ)、臂臑(ひじゅ)、商陽(しょうよう)、曲池、陽池(ようち)、気海(きかい)などのツボに鍼灸治療を施した。そして、帰り際に、しばらくの間、最低月に2回は来院することを勧めた。すると、再来時、治療後10日ぐらいは、お腹の張りも軽く、大便の出も良かったし、風邪のような症状も現れなかったと言っていた。その後、1ヶ月に1~2回来院しているが、何とか小康状態を保っている。ただし、なかなか性分は変えられない。完治は難しいので、定期的に治療を受け、不安神経症や過敏性腸症候群、自律神経失調による不快な症状を軽減させることで、毎日の生活を明るくするしかないだろう。
ページトップへ

悩んでいた過敏性腸症候群が怖くなくなりました!

症状 不安神経症 過敏性腸症候群(下痢型) 頻尿

E・Aさん 32歳 女性

仕事は事務ワークですが、たまに外回りの時もあり、特に外回りのとき、過敏性腸症候群による下痢が起こりやすいのが気になっていました。資料に抜けはないか、相手の心証を悪くしないかなど、色々なことを心配しているうちに、お腹がグルグル鳴り出して、訪問途中で何度もトイレに駆け込んでしまいます。でも、おおよそ3度程用を足すと、落ち着きます。また、昼間は6~7回ぐらいは小便を催し、外回りのときは、これが更に2~3回増えてしまいます。ある時、訪問先の前で尿意切迫感を感じ、近くのコンビニのトイレを借りたら、アポの時間に間に合わなくなってしまったこともありました。内科で下痢止めの薬をもらいましたが、ガスが溜まってしまい、逆に便秘になることがありました。お医者様から漢方を処方され、飲んでいましたが、生理の時に手足のむくみが強くなり、続けることが不安になってしまいました。

担当者より

過敏性腸症候群は、便秘型も下痢型も急増している疾患である。便秘型は女性に多く、下痢型は男性に多いという傾向がある。いずれにしろ、圧倒的に神経過敏な方にみられる。下痢型の体型は、痩せていて胃腸下垂タイプに多い。その理由は定かではないが、おそらく腸管の運動が激しく、栄養の吸収が低下気味なのだろう。この女性も、長い間過敏性腸症候群下痢型で悩んでいたそうだ。家人の紹介で、来院する。見ると、痩せていて、こめかみに青く血管が浮き出て、ナイーブな性格であることが伺える。尋ねると、食後下腹部がポコっと膨れるという。間違いなく内臓下垂がある。彼女の話を伺うに、医者から処方されたのは抗コリン系の薬剤かもしれない。漢方薬は芍薬甘草湯と処方されたようだ。そこで、腸管の運動のバランスを取るため、頭の百会、手の曲池、陽池、足三里、梁丘(りょうきゅう)、上巨虚(じょうこきょ)、陽陵泉(ようりょうせん)、陰陵泉(いんりょうせん)、地機(ちき)、三陰交、内庭(ないてい)、腹部の中脘、気海、背中の膈兪、脾兪(ひゆ)、大腸兪(だいちょうゆ)などのツボに鍼灸治療を行った。また、大便も小便も催してきたら、曲池を痛くなるぐらい、指圧しなさいと指導した。このツボは、様々な切迫感を緩和する作用がある。度々高速道路のパーキングエリアの女子トイレが混みあうが、このツボを強圧迫して、難なく用を足せたという話を聞くことがある。この方も訪問先を目の前にした路上で、排尿したい気持ちになり、慌てて曲池を強指圧したら、全く尿意を感じなくなったとのこと。更に便意も同じように軽減したとのこと。その後は、いざというときは肘のツボがあると信じることで、切迫的な尿意も便意も激減したという。鍼灸治療が過敏性腸症候群に効果があるということは、多くの臨床家が報告しているが、このような行動療法を併用すると、更に効果が高まる。
ページトップへ

辛かったパニック症状が本当に楽になりました。

症状 パニック障害 動悸 息切れ、めまい、腰痛

H・Kさん 38才 女性

いつも腰に痛みを感じ、生理の時は更に激しくなります。また、混んだ電車の中に入ると、心臓がドキドキしてきて、居ても立ってもいられません。呼吸をするのがやっとで、深呼吸を何度か繰り返すうちに楽になって段々平常に戻ってくるのですが、その後、地震があったかのようなめまいに悩まされるので、安心してはいられませんでした。だから、早朝の電車を利用して通勤したり、混雑しているエレベーターには乗らないようにしていました。近所の病院では甲状腺の機能亢進の疑いがあると言われましたが、別のクリニックではパニック障害と診断され、どちらが正しいのか、疑心暗鬼にもなっていました。その後の再検査で甲状腺の病気は否定されたので、パニック障害というのが正確なところだと思うのですが、クリニックで精神安定剤を処方されても、どうしても服用したくないので、鍼灸治療で何とかならないかと思い、貴院を受診することにしました。

担当者より

話すことが好きで、とてもハキハキしゃべる元気な女性。その為、見た目では不安神経症を患っているとは思えないが、実は内面はとても繊細で、色々なことに過敏に反応してしまうのだ。そこで、活脳鍼を施し、次いで鎮静ツボや足の裏にある動悸や息切れに効果的なツボに鍼灸治療を施したり、腰の坐骨神経根の傍まで届く鍼を刺入したりした。また、発作が起きたら、左手の薬指を握ったり、左手のひらの中央を指圧したりして、それでも気分が落ち着かなかったら、水をゆっくり飲んでみればと、急場凌ぎのアドバイスも行った。このあたりのツボは交感神経の興奮を鎮める作用があるし、水は精神を安定させる作用があるからだ。再来時に話を伺うと、初回の治療を受けた後、デパートの食品売り場にてパニック状態に陥ったが、これら一連の行動を忠実に行ったら、すぐに鼓動も息も楽になったばかりか、人混みが気にならなくなり、買い物が続けられたと、喜んでいた。それから、20年近く経過し、現在は主に肩こりや腰痛の治療で1ヶ月に1度の割合で通っている。
ページトップへ
健やか鍼の最新の臨床報告は、スタッフブログでも紹介しています。
  • 当院のご案内
  • 【受付時間】午前 10:00~12:30 午後 14:30~18:30 【治療日】月〜金曜日 第2・4土曜日
  • 181-0012 東京都三鷹市連雀2-3-12 高橋ビル2F
  • 車でお越しの方は当院の隣に駐車場があります。
  • 当院のご案内

アクセスマップ

なかよし健康堂

メール無料相談 治療や症状に関するご相談をメールで受け付けています。お気軽にご相談ください。

活脳鍼について

治療院からのお知らせ

龍ちゃんの健康講座

facebook

トップページ