脳梗塞・脳卒中の後遺症治療、リハビリを「活脳鍼」で強力サポート

脳梗塞・脳出血など脳卒中の後遺症の治療、リハビリを強力サポート

本や雑誌・新聞でも取り上げられる
“活脳鍼”を提唱している東京都三鷹市の鍼灸院です。

ご予約はお電話で受付けています予約制

tel.0422-40-0222

“04-2240-0222”
脳梗塞など脳卒中後遺症のリハビリに “活脳鍼”なら「動かないはず」が「動く」に変わります。独自の鍼治療法で脳梗塞後遺症のリハビリを強力にサポート

活脳鍼について


諦めないでください!!
脳卒中の後遺症は改善します!!

脳卒中とは?

脳卒中とは、何らかの原因で脳細胞が壊死することにより発症する疾患です。大別すると脳梗塞と脳出血になります。どちらも死亡率の高い恐ろしい病気ですが、死をまぬがれても様々な後遺症が残ることが多いのです。

脳梗塞の後遺症とは?

脳梗塞の多くは血栓が脳血管の内腔を塞ぐことが原因です。そのため、脳細胞が壊死を起こし、その支配領域に機能障害をもたらします。運動麻痺や感覚麻痺、言語障害、嚥下障害、視覚障害、うつや健忘といった高次機能障害などの後遺症に悩まされます。中高齢者の場合は動脈硬化が遠因になっていますが、若年層は原因不明の脳梗塞が多発します。恐らく心房細動のような心臓の不整脈により固まりやすい血液が脳血管に流れ込むことが原因でしょう。これを助長するのが乱れた生活習慣とストレスです。

脳出血の後遺症とは?

脳出血は脳血管が何らかの原因で破れるにより発症する疾患です。脳梗塞と同じような障害を起こします。但し、脳梗塞より死亡率も高く、後遺症も激しい傾向にあります。動脈硬化や高血圧症が原因の多くを占めています。くも膜下出血も脳出血の一部ですが、若年層でも発症しますので、若いからと言って安心していられません。多くはくも膜下の動脈にできた瘤が原因です。遺伝的に瘤を持っている人がいますので、親戚にくも膜下出血で倒れた方がいましたら、定期的に検査した方が無難です。 軽く済めば、殆ど後遺症を残すことはありませんが、脳組織を強く圧迫するようになると、様々な後遺症があらわれます。
脳梗塞や脳卒中の基礎知識について詳しくはコチラ


そこで、ご紹介したいのが、「活脳鍼」です。

脳の活性化に有効な治療法です。「活脳鍼」は顔面の神経を刺激することにより脳の血流を促進させ、脳機能を高めます。特に脳梗塞や脳出血などの脳卒中後遺症による運動麻痺や感覚麻痺、言語障害、嚥下障害、視覚障害、うつや健忘といった高次機能障害などの後遺症に効果的です。

活脳鍼は貴方の快適な生活を支援します。
一緒に回復に向けて頑張りましょう!

活脳鍼についてもっと詳しく

長年の脳卒中の後遺症でも回復例が続出しています!

脳梗塞や脳出血の後遺症は、6ヶ月経過したら大幅な回復は望めないと言われていますが、果たして本当でしょうか?確かにどんな疾患でも早期に対処すると大きな治療成果が得られます。活脳鍼も同様で、痙縮が軽いうちならば、とんとん拍子に回復が見込まれるからです。 ですから、出来るだけ早い時期に活脳鍼を受けて頂きたいのですが、長い年月が経っていても決して諦める必要はありません。発症後4~5年経過した脳梗塞や脳出血の後遺症でも何らかの改善が見られるからです。

西洋医学がダメなら、是非東洋医学を試してみてください。多くの方に「動く喜び」を感じていただいています。論より証拠、活脳鍼の動画を参考にしてください。

活脳鍼動画

リハビリマッサージで拘縮を緩和してスムーズな動きも!

脳卒中の後遺症に特化したリハビリマッサージもおこなっております。「川平法(促痛反復療法)」を応用した独自の方法です。

本院の川平法を応用したリハビリは、脳卒中の回復の最大の妨げとなる痙縮の緩和にも役立ちます。マンウェルニッケ姿勢やジャックナイフ現象の緩和を得意としています。

リハビリについて詳しくはコチラ

小児活脳鍼について

お子様の健やかな発達のために

お子様の発達障害や学習能力向上を目的とした治療です。

小児甄は歴史のある治療法で、戦国時代に確立したと言われています。今でも関西では盛んに行われています。一般的には子供の疳の虫、夜泣き、夜尿症、胃腸虚弱,、風邪にかかりやすいなどを対象にしていますが、当院では小児活脳鍼も併用していますので、発達障害や学習能力の向上にも対象範囲を広めています。脳の前頭葉の血流をアップして、お子様の理解力を高めます。

小児活脳鍼について詳しくはコチラ

散痺鍼

思うようにうごかない、そんな時に

頑固な手足の痛みやしびれ、
首・肩・腰・膝などの痛みに

何をしても改善しなかった不快な症状から解放!
イキイキ活発な毎日を!

散痺鍼(さんぴしん)は、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、頚肩腕症候群などによる、手足の痛みやしびれを対象とした鍼灸治療です。慢性的な痛みやしびれには活脳鍼も併用して治療をおこないます。

散痺鍼についてもっと詳しく

晴明鍼

目のトラブルに特化した治療です

鍼灸治療で緑内障や網膜疾患が改善すると思っている方は少ないと思います。ところが、古くから鍼灸は眼病対策に利用されてきました。視力に関わる神経を強化したり、眼球の血流を改善したりする作用があるからです。驚くことに、手足に効果的なツボが存在します。当院には、近視や老眼、ドライアイといった軽い症状をはじめ、白内障、緑内障、眼底出血、網膜静脈閉塞症、網膜剥離などに悩む方も来院します。

晴明鍼についてもっと詳しく

健やか鍼

ストレス障害や更年期障害による不眠や冷え、肩コリ、動悸、のぼせ、微熱などが対象です。うつ症状の改善にも役立ちます。

ストレス障害や更年期障害による不眠や冷え、肩コリ、動悸、のぼせ、微熱などが対象です。うつ症状の改善にも役立ちます。 慌ただしい現代社会は、多くの方がストレスをかかえています。PCも脳を酷使しますので、大きなストレスになります。そのため、手足の冷えや肩コリ、動悸、のぼせ、不眠などの症状を訴える自律神経失調症の患者さんが増えています。進行するとうつ的になって頑固な不眠を併発するようになります。丁度、更年期障害の症状に似ています。この自律神経やホルモン系の不調には鍼灸治療が奏功することが、解っています。WHOも推奨するぐらいです。当院には自律神経失調症、更年期障害、不眠、抑うつ症などの患者さんが多数来院しています。
健やか鍼についてもっと詳しく

減糖減肥鍼

身体の血流を促進させ、新陳代謝を高めることにより、肥満を改善する治療法です。糖尿病や高血圧症に有効なツボにも刺激を与えますので、総合的なメタボ対策ができます。

飽食の時代とあって、肥満の方が増えています。中年からは糖尿病や高血圧、脂質異常症などのメタボリック症候群を併発する方もいます。単なる肥満でしたら腰痛や膝痛ぐらいでしょうが、メタボリック症候群となると、重篤な成人病に発展してしまう恐れがあります。脳卒中や虚血性心疾患になったら、一大事です。鍼灸治療は血流を改善させ新陳代謝を亢進させることが解っています。特に減糖減肥鍼は、糖尿病、脂質異常症、高血圧症、痛風、肥満、便秘に効果的です。
減糖減肥鍼についてもっと詳しく

美容鍼

ハリウッドでは一般的な美顔術です。リフトアップの他、肌の新陳代謝が高まりますので荒れ肌やシミの改善にも効果的です。施術日が限定されていますので、 詳しくはお電話にてご相談ください。

美容鍼は、もともと欧米が発祥の地です。特にハリウッドの女優が好んで受けていました。瞬時にリフトアップするとのことです。長く続けると、肌の新陳代謝が高まるので、シミや荒れ肌の解消にもつながります。最近、赤坂や六本木でも美容鍼が人気です。専用の細く短い鍼を使いますので、ほぼ痛みを感じることはありません。皮膚が垂れてきた、あるいは小顔や美肌に取り組みたい方のご来院をお待ちしています。
美容鍼についてもっと詳しく

リハビリマッサージ・その他

         

脳卒中の運動麻痺の改善を目的としています。川平法を応用していますので、促通作用は顕著にあらわれます。活脳鍼で筋肉への伝達刺激を高め後に行うと、更に効果的です。

本院のリハビリマッサージは脳梗塞や脳出血などの脳卒中の後遺症対策に特化しています。軽く筋肉をほぐし、川平法を応用したリハビリを行っています。筋の緊張が強いところにはつぼシールを貼り付け、柔軟性を高めます。また、筋肉の反射を利用した痙縮の緩和も行います。是非、活脳鍼と併用してご利用ください。また、医師の同意書があれば健康保険が適応される場合がありますので、ご相談ください。
リハビリマッサージ・その他についてもっと詳しく

     

接骨

一般接骨治療(健康保険適応)          

街角でみかける接骨院と同じような治療を行います。但し、つぼシールも併用しますので、効果的です。捻挫した関節でも、ツボシールを貼ると、痛みが激減することがあります。東洋医学を熟知した当院ならではの施術です。

捻挫や打ち身などの外傷を原因とする首や肩、腰や膝などの関節部分や関係する筋肉やスジに痛みやコリがありましたら、是非ご来院ください。一般的な手技療法の他、電気治療を行って不快な症状の緩和に努めています。また、当院は痛みやコリの解消策としてつぼシールを併用しています。患部に貼りつけることもありますが、鍼灸のツボを利用すると更に効果的です。また、症状が外傷か否か判別できない場合は、お電話か直接ご来院してご相談ください。親切丁寧にお答え致します。
接骨についてもっと詳しく つぼシールについてもっと詳しく

漢方イメージ なかよし漢方堂のホームページはこちらから