りゅうえい治療院 スタップブログのページ

脳梗塞や脳出血の後遺症などの臨床報告 健康に役立つ食事療法などを掲載 健康に役立つツボ療法や食事療法、脳梗塞や脳出血の後遺症をはじめ、様々な疾患の臨床報告を掲載しています。該当する病気の方は勿論のこと、健康志向の方にとって参考になれば幸甚です

りゅうえい健康通信―食養生 「ドライアイとω-3リノレン酸」

「ドライアイとω-3リノレン酸」

ドライアイ(目の乾燥)で悩まされる人はけっこう多いのです。対応策はヒアルロン酸という物質の入った点眼液などですが有効というわけにはいきません。冬の乾燥期、夏でも空調のきいた室内などでは困ります。

 

これを防ぐ方法について米国での調査がありました。マグロを週に5回以上食する人と週1回の人の比較で、週5回以上のグループの方がドライアイになる危険性(あるいは可能性)が68%少ないという報告です。では、マグロの何がこうした結果をもたらせたのでしょう。

 

油脂類の中に脂肪酸と名づけられている類のものがあります。構造は炭素(原子)が隣同志一列に並んだ構造(骨格)を持ちます。炭素の数は、16個とか18個とか20、22個などです。炭素間は結合手で結ばれていて、おおかたは一本ですが、手が二本のこともあります。一本は一重結合、二本は二重結合といい、二重結合の場合、ここには水素(原子)が入れる余地があるため不飽和の結合とよんでいます。(これに対して一本は飽和結合といいます)。

 

この不飽和のものには当然、両端があります。夫々の端には一端にカルボキシル基、他端にメチル基と名づけられている構造物が結合しています。ここで、メチル基も(カルボキシル基も)一ケの炭素をもっていますので、メチル基の炭素を1番として順次並んでいる炭素に番号をつけることができます。

 

このメチル基の炭素はω(オメガ)炭素という名がつけられています。時々、油の製品ラベルにω-6とかω-3とかという文字をみることがあります。これは、ω炭素から数えて6番目の炭素と7番目の炭素の間が二重結合であるという意味です。同様にω-3はω炭素から3番目と4番目の炭素間が二重結合ということになります。 さて、米国人はω-6(系列)の油をω-3(系列)の油の15倍摂取しているそうで、その結果、ドライアイのリスクが2.5倍上がるのだそうです。となるとω-3の油を多くとれば、ドライアイが防げるということになり、ω-3はマグロとかクルミなどに多く、サラダ油や動物の油には少ないそうで、これが、上述のマグロを多く食する人にドライアイが少ないという結果をよんでいるという結論に至るのです。

 

ところで、ひところ、エゴマの油がやせるということでブームになりました。紫蘇の油もそうですが、この油50%ほどがω-3リノレン酸で占められています。役に立つと予想しています。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

年末年始休業のお知らせ

こんにちは。

11月の中旬になり、朝晩の寒さが強まってきているように感じます。しっかりと防寒対策をしておかないと体調を崩してしまいそうです。そうならないように、気を引き締めいきたいと思います。

さて、誠に勝手ながら当院は、下記の通り年末年始のお休みを頂戴いたします。

 12月30日(日)~1月6日(日)

尚、1月7日(月)から平常通り診療致します。

どうぞよろしくお願い致します。

りゅうえい健康通信―食養生 「骨粗鬆症を予防する野菜食」

“食”と病気の関連について、南カリフォルニアはセブン-デイズ-アドベンティストを対象とする疫学調査、この結果をうけての日本での同様な疫学調査は黄緑野菜がガン、動脈硬化、高血圧、心臓病などの病気を予防することを示しました。現今、私達は、動脈硬化と骨粗鬆症の時代に在る、といわれていますが、その骨粗鬆症にも野菜食は予防或は改善に役立つことが報告されています。

骨粗鬆症は骨が弱くなる病気です。弱くなる原因は通常いわれている骨のカルシウム含量が少なくなることだけでなく、骨でつくられるコラーゲンの性状にも大きく関係するといわれています。骨粗鬆症により脊柱の一部がつぶれれば背骨が曲ります、太もものつけ根の骨が折れれば、(手術で機能回復ができるとはいえ、やはり)運動機能がおちます。こうしたことは以後の身体全体の機能に影響を与え、動脈硬化と共に、諸病の源となっていきます。

注目の論文は、食事内客調査と骨密度を調べ、野菜・果物の摂取が多いと骨密度が高いことを示しました(何故そうなるかは不明です)。この調査では、菜食主義でなくとも、とにかく野菜果物を多くとると骨密度が高いという結果になっています。この論文と上記二つ論文から、「黄緑野菜を中心とする菜食は、動脈硬化と骨粗鬆症を同時に予防する」ということになります。

動脈硬化と骨粗鬆症、一見関係なさそうですが、その成り立ちに共通の因子があることがわかってきました。動脈硬化の発症にはサイトカイン(免疫系細胞から分泌される物質)が関与しますが、このサイトカインが骨では骨の吸収(骨がこわされること、通常古くなったものがこわされます、そして新しい骨が補充されます→骨の新生)に関与します。また、ホモシステインという物質の量が高く、ビタミンB6の量が低い状況では血管に動脈硬化がおこります。この状況は骨において、骨芽細胞(骨新生時活動します)が生産するコラーゲンに変質をもたらします。このことは、サイトカインによる骨の吸収とあわさって骨粗鬆をもたらします。

さらに、動脈硬化をおこした血管で、血管壁をつくる平滑筋細胞が骨芽細胞にかわり、これが骨組織をつくりカルシウムをくみこんでいく現象があります(血管壁の石灰化)。血管壁で骨がつくられているのです。これは以前はカルシウムが単に血管壁に沈着すると見られていました。更に、骨粗鬆症で一年当りの骨密度の低下がひどい人ほど、血管の石灰化の進行がつよいという話もあります。

このように、血管と骨には、そのおこる病態にかなり共通のメカニズムがあります。黄緑野菜を中心とする菜食がこの共通のメカニズムに介入するとすれば、動脈硬化と骨粗鬆症は必然的に同時に予防するということがおこります。

理論はともかくとして、事実は「菜食は骨粗鬆症と動脈硬化を予防しています」。大いに食すべしです。

引用論文:Am.J.Clin.Nutr 2006;83:1254-5   Am.J.Clin.Nutr 2006;83:1420-80

文献:CLINICIAN vol.53 no.554 CLINICIAN vol.54 no.560

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

りゅうえい健康通信―食養生 「味感覚、本物の味、そしてビタミンの潜在的不足」

ス-パ-に並ぶ野菜はみてくれは良いが味はおちる。これは殆ど例外はない。味がおちるということは質がおちているということのあらわれ、野菜で最も注目されるビタミンの量もおちているのではという順序となる。これは野菜の潜在的ビタミン不足という状態で、従ってこれを食する人間も潜在的ビタミン不足ということになる。潜在的にという理由はビタミン不足の症状が外観からは伺い知れないからである。

腎臓が働かなくなった時、人工透析器を用いて体内の不要なものを外に出す透析療法なるものが行われる。この透析器は、不必要なものだけを外に出すというほどの技術的進歩が未だなく、まだ必要なものまで出てしまう。その代表が水にとける性質をもつビタミン類、C,B1,B2,B6,B12などなどである。それでなくても透析をうける人は食餌上の制約が多くビタミン類が不足がち、これに透析でビタミン類が出ていってしまうことが加わるのでビタミンの「出」と「入」のバランスがとりにくくなる。ここに潜在的ビタミン不足が生じてくるのだ。

透析を受けている人の中に肝機能検査のGOT,GPTの数値がいつも10より低い人をみうける。高すぎても困るが、低すぎても肝機能が低下しているのだ。B6不足の疑いがかかる。B6を内服して数値が10を超えて増加してくれば、B6が「やはり不足していたのだと」となる。又、肝臓は栄養物質をいろいろと加工して送り出す工場である。A物質(ホモシステイン)をB物質(メチオニン)に加工する作業も行っている。この時B6がないとAからB6に加工できず、別の工程で次々と作られ送り込まれてくるAはBに加工されずそのまま送らされてしまう。この結果、血液中のAの濃さは通常よりも高くなる。高ホモシステイン症という状態である。これは動脈硬化を促進する。当面、当の本人は何の異常も感じないがやがて動脈硬化の進行とともに異常を感じ出すという具合である。原料の入りが十分でもビタミン不足があればものの流れは滞る。時間が経つにつれてその影響が表面化する。

食品分析表なるものが売られている。例えば、トマト、それに含まれるタンパク質、脂肪、ビタミン類などなどの数値が示されている。だがそこには分析したトマトがどんなものか、色、形、生育した環境など一切記載はない。ということは、自分が今、食しているトマトが分析表に示されたトマトと同じ質(内容)のものであるという保障はないのである。ところが食する自分は今、食しているトマトには「これだけのもの」が当然含まれているものと思って食している。だが、食品分析表のものとは異なり大いに質の落ちる場合もある。この時、「これは本物のトマトではない」と判断するのが自分の味感覚である。どこか味の違うトマトは何かが違っているのである。食品分析にかけてみて、結果が分析表と同じであってもである。そして、このトマトを長期間食したその生き物に、どんな結果を生じさせるかは誰も知らないのである。

食物の本物の味を食品分析だけであらわせるわけではない。分析表のみをたよりとして味感覚を用いなくなった昨今である。食物分析表通りの栄養素が含まれている保障もない。ビタミンの潜在的不足が広がり出している。

味覚不足は亜鉛欠乏時でも生ずる。インスタント食品の普及とともに日本人の亜鉛摂取量の低下が懸念されている。ビタミン、ミネラルが必要十分に取れているか各自の食生活を再点検してみてはどうか。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

りゅうえい健康通信―食養生  「プロバイオテクス-体によい影響をあたえる微生物及び、その微生物を用いた食品」

”プロバイオテクス”なる語をしばしば目にするようになりました。体に良い影響を与える微生物及び、その微生物を用いた食品の意味だそうです。ヨーグルトはその代表ということで、ヨーグルトメーカーはこの語をキーワードとして病気予防に役立つ「機能性食品」を開発する方針です。この戦略は日本国の医療費節減の方針と合致するため、大いに期待をかけている分野のようです。

さて、微生物を生活に役立てることは、従来の日本では当たり前のことであったようです。かつて農業は「土づくり」を重んじました。自然が与えてくれたままの土地は、長く作物をつくり続けられないことを知っていたからでした。堆肥を土に施し、土を育てました。その堆肥は実は微生物の力によって、作物が吸収できる栄養分となっていたのです。その土には微生物の他にも、いろいろな土に生きる「生きもの」が集まり生活していました。肥えた土は、こうした「生きもの」達の合作でした。

こうした活動は木々の繁る森や山にも見ることができました。山で生じた栄養物は、川の流れに乗り海に出て、プランクトンの栄養源となり漁業を育みました。漁師は「海を守るには、山を守る」ということを知っていました。「はだかの山からは魚がとれない」のです。山々には魚がいないから当たり前?-そういう意味ではないのです。しかし、敗戦後、状況は一変しました。食料の増産を必要とする時代が来ました。アメリカ型の大量生産農業は、大量の化学肥料と大量の農薬を土に施しました。そして、土は死にました。土に生きる生きものが死んだからでした。土の再生が起こらなくなりました。農業の行き詰まりが始まったのです。現在、ヨーロッパでは、アメリカ型の農業から自然の力を利用する農業に変わりつつあるそうです。土に生きる生きものと、共存することの必要性が再認識されだしたのです。

ここで、人間はどのような具合か見てみましょう。私達の体で微生物と共存している部分は大腸です。大腸で生きる微生物は、食物の残渣を分解・代謝し、自己の増殖をはかります。代謝産物のうち、ビタミン類などの良き物は私達の体を支えます。悪いものが生じれば、体を衰えさせます。腸内微生物集団のあり方が体に支える影響は、「便秘」の影響を観察するとわかります。便秘の結果、悪玉菌の活動が高まると、皮膚には「吹き出物」が出て、「つや」がなくなってきます。悪玉菌の代謝産物が全身にまわるからです。ここで腸をきれいにしてみると、皮膚の状態が良くなってくるのがわかります。また、何かの都合で抗生物質を長期間飲み、腸の微生物集団が衰えると腸が不調となります。良い微生物集団を育てることが体にとって必要なのです。土と同じと言えます。私達も微生物と共に生きているのです。

各ヨーグルトメーカーは、今やプロバイオテクスという新しいネーミングの下に色々な機能性をうたう商品を開発する戦略です。新しいタイプの乳酸菌の開発はその現われです。さて、日本には、堆肥と同様、古くからのプロバイオテクスがあります。納豆、なれずし、くさや、みそ、しょうゆなどの発酵食品です。(そう、お酒も忘れてはいけませんね。)「なれずし」は東南アジア各地にみられる、民族の知恵として、伝えられてきている食品です。プロバイオテクスといわなくても従来、私達の身の回りには存在しているのです。

私達は「くさい!」と言って遠ざけるのではなく、こうした食品に再注目して、腸内微生物集団の改善育成をはかる方針をとってはいかがと提案する次第です。昔の土と同じように生き生きとした腸を育てるためです。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

 

 

りゅうえい健康通信―食養生 「梅肉エキスに動脈硬化を防ぐ働きがあるそうです」

昔からのなじみの梅肉エキスについて、日米の研究者から発表がありました。梅肉エキスは、よく下痢した時などオブラートにつつんだものをよく飲まされました。発表内容は次のようなものです。

先ず、予備知識を申しあげます。血圧をあげる生体内物質にアンギオテンシンⅡ(Ⅱ:ローマ数字の2)というものがあります。これアンギオテンシンⅡが結びつく場所(=受容体)に結びつくと血管が縮まり血圧が上がるという働きを示します。アンギオテンシンⅡ(AⅡ)は血圧を上げるだけでなく、血管や心臓の筋肉を増やし、動脈硬化や心臓の肥大をおこすこともわかってきました。

さて、次のような研究結果です。血管の筋肉をまず、梅肉エキスにさらし、次にAⅡにさらす。すると、AⅡにのみさらされた時に生産される血管筋肉がふえるのに必要なタンパク質が生産されない。梅肉エキスには、ムメフラール(最近とみに有名になってきました)が含まれています。ムメフラールに上記のAⅡの作用を阻害する働きがあるか否かも調べられましたが、その作用はないという結果です。

従って、梅肉エキスのこの働きはムメフラール以外の物質による(正体はまだ不明)という結論です。梅肉エキスには、血液サラサラ効果、酸化作用を防ぐ効果があることが知られています。上記の報告は、動脈硬化や心臓が肥大するものを防ぐ効果もあるということになります。

昔の人達は、梅肉エキスなるものをどのようにして考え出してきたのかおどろきです。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

 

りゅうえい健康通信―食養生 「淡水魚の生食に注意を!大学の研究者からの警告」

昔から我ら日本人は「刺身」を好んで食します。刺身といえばマグロですが、マグロからクジラ、馬、牛など更に範囲がひろがり、カエル、ドジョウ、ライ魚、ヘビまでいたっています。かつて太平洋戦争中、日本は東南アジアに進出しました。

そこで日本人の多くがライ魚を生で食し、現地の人には稀にしかみられない病にかかりました。上海リウマチ、南京領事館病などという名前は有名ですが、ライ魚に寄生する顎口虫の幼虫が、ライ魚を通じて人体に寄生することによるものでした。領事館病、何か極めて上級な人のみがかかる特権的な病のような響きがして、かつての時代を「かいま見る」ような気がします。

この病気は、敗戦後の食糧事情の悪かった時期に流行しましたが、ライ魚を食べることが多かったことによるとのことです。食糧事情の好転とともに消失しましたが、半世紀近くたって、再び復活してきたのです。

福岡大学の研究者によると、今度はライ魚ではなく、ドジョウ、ブラックバス、ブルーギル、ヤマメ、ヘビなどの生食によるものだそうです。ルアーフィッシングの流行、グルメブーム(飽食時代の象徴?)などの結果でもあるようです。

このうち、ドジョウについては上記福岡大の先生によれば、検出される寄生虫は、剛棘顎口虫というもので、日本には存在しない種のことです。日本の自然界には、有棘顎口虫(イヌ、ネコ)、ドロレス顎口虫(イノシシ、ブタ)、日本顎口虫(イタチ)の3種だそうです。

従って上記のドジョウは、輸入されたものであることがわかったそうです。ドジョウはかつて田んぼでよくとれましたが、農薬が田んぼにまかれるようになって、いつの間にかいなくなりました。眼前のドジョウは、ブルーギル、ブラックバスとともに外来魚ということになったわけです。日本産との見分け方は、寄生虫を調べて剛棘顎口虫と出れば確定、なんてことになりそうです。

今はライ魚から寄生虫は、なくなっているそうですが、かわって淡水魚からの顎口虫感染が増してきているとのこと。ブルーギル、ブラックバス、ヤマメ、ドジョウ、ヘビなど生食習慣のある日本人にとって注意が必要と警告しています。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

 

マキノ出版「めまい・メニエール病を自力で治す最強辞典」に当院の立花の記事が掲載されています。

文庫本掲載のお知らせです!

マキノ出版「めまい・メニエール病を自力で治す最強辞典」(2018年月9月18日発売)にて、副院長の立花の記事が掲載されています。

 

ページ数は、p122~p127に連載されています。

 

【生命エネルギーを高める食材でめまいを撃退!】

 

手軽に実践できる滋養強壮食材の調理方法や効果的な食べ方を紹介しています。

ぜひご覧ください。

りゅうえい健康通信―食養生 「日本食(アジア食)に関心を」

以前から、どんな物を日常食べるかによって、病気にかかる率に差が生じてくることがいわれてきました。前立腺癌にかかる率は中国人が1.8%なのに比べて、アメリカ人では53.4%である。

ところが前立腺癌にかかる率の低いアジア系の人がアメリカに移住すると、そのかかる率が高くなってくるのです。こうした現象のおこる原因は、食事内容の違いにあるのではという報告がオーストラリアでなされました。

ムラサキツメクサの抽出物を用いて、前立腺癌の患者の癌細胞に対する影響を調べたのです。この植物の抽出物を食したグループと、食さなかったグループについて、前立腺癌の手術後の癌組織を比較しました。

すると抽出物を食べたグループでは、癌細胞の25%にアポトーシスがおきていました。他方食さなかったグループでは1.5%だったのです。アポトーシスとは、細胞の自己死(自殺)と称されている現象で、例えば、受精卵から1つの個体が完成していく際、必要な細胞が残り、不必要な細胞が消えていく時などにみられる極めて重要な現象です。ここでは、そのアポトーシスがムラサキツメクサの抽出物によっておきたのです。癌細胞全体にアポトーシスがおこれば癌は治るということになります。

さて、ここから、アジア人の方がアメリカ人より、なぜ前立腺癌にかかる率が低いのかということになるのですが…。ムラサキツメクサの抽出物にはバイオチヤニン、ダイゼン、フォルムオノネチン、ゲニステインのイソフラボン類が含まれているそうで、こうしたイソフラボン類がアジアの食事には普通に含まれている。

他方、アメリカで普及している大豆イソフラボンにはこれら4種が全て含まれているわけではない。即ち、イソフラボン類の質の差(これは、食事の違いから来ていることになるのです)。この違いが前立腺癌にかかる率の差となってあらわれているのではないかと説明しています。

敗戦後、このかた日本の食事内容(食習慣も含めて)は大幅に変わり、欧米化しました。これにつれておこってくる病気の種類も変化し、和食の効用、即ち伝統食の再評価がおきました。ですが、伝統食への認識はまだ不十分のようです(もっとも、現時点ではまず食材に存在する残留農薬などの方が問題なのかもしれませんが)。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

 

 

りゅうえい健康通信―食養生 グルコサミン

「グルコサミン」

グルコサミンを含む健康食品の効果について色々な評価がされていますが、臨床的、基礎的な議論が必要との立場からの研究会が発足し、その報告がされました。筆者も以前から関心を持っていたのですが、その発表から偏見を持っていたと認識を新たにしました。ここに主なところをまとまてレポートします。

 

基礎的調査はウサギ、モルモット、ラット、ヒトの関節の細胞を用いてグルコサミンを主として行われています。グルコサミンは損傷した軟骨の修復を促進しますが、これはグルクロン酸や、N-アセチルグルコサミンでも認められています。グルコース(ブドウ糖)ではおきません。

 

自然発生型変形性関節症(モルモット)でグルコサミン、コンドロイチン硫酸の12ヶ月齢までの期間投与ではレントゲン画像上、骨の変化は防げていないのですが、組織を顕微鏡でみると組織変化(進行度)には抑制効果が認められています。

 

ラット関節炎でのグルコサミンは関節炎症状、炎症関連物質の生産は抑えられており、また組織像でも関節軟骨が保持されています。体重の回復もあります。ラット1型糖尿病モデルの皮膚劣化については、グルコサミンは真皮層が厚く可溶化できるコラーゲンの量が減少、コラーゲンの線維が太くかつ均質化しているのが認められています。

 

臨床的調査では変形性関節症で安静時痛、運動時痛を抑える効果があり特に早期の例で効果がよく、血中の炎症物質も低くなっていることが認められています。人で、アデノシン2リン酸(ADP)刺激による血小板凝集を抑えることも認められています。その他いささか学問的になりますが、(以下読むのを省略されて構いません)

 

グルコサミンは、

アデノシン3リン酸の放出・・・阻害

血小板第4因子の放出・・・阻害

トロンボキサン合成・・・阻害

血小板内の①カルシウム動員、②環状アデノシン1リン酸の低下、③シグナル伝達物質Sykのリン酸化・・・阻害

アデノシン2リン酸のアデノシン受容体への結合・・・阻害

などがあり、血小板の凝集することを妨げるので血管内で血栓ができるのを防ぐ作用があると報告しています。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

« Older posts