りゅうえい治療院 スタップブログのページ

脳梗塞や脳出血の後遺症などの臨床報告 健康に役立つ食事療法などを掲載 健康に役立つツボ療法や食事療法、脳梗塞や脳出血の後遺症をはじめ、様々な疾患の臨床報告を掲載しています。該当する病気の方は勿論のこと、健康志向の方にとって参考になれば幸甚です

Category: りゅうえい健康通信ーツボ療法 (page 1 of 5)

りゅうえい健康通信 ツボ療法―熱中症に有効なツボ

「気海」

今年の夏は暑すぎます。各地で近年まれに見ぬ暑さを記録しています。その為、熱中症で倒れる人が後を絶ちません。そこで、熱中症になりかけたら直ぐに対処すると優れた効果を発揮するツボを紹介します。

そのツボの名は気海と言います。おへその下2cmにあって、古くから気付けのツボとして有名です。熱中症を東洋医学では亡陽と診断します。亡陽とは身体の水分が極端に消耗して、全身の臓器不全を起こした状態です。亡陽は色々な病気で発生しますが、熱中症もその原因の1つです。

熱中症になり始めたら、まず涼しい場所で横になり、場合によっては脇の下や首を氷で冷やします。又、水分の補給や、すいか、メロン、お茶等の利尿作用のある食品を摂取すると良いでしょう。その上でこの気海に指圧や温灸を施すと、ほとんどの場合、大事に至らないで回復します。

その他、このツボは、気海と言うぐらいですから、元気を充満させてくれます。ですから、虚弱、インポテンツ、下腹部や下肢の冷え、腰痛等にも効果があります。又、うつ病や不眠、不安等の改善にも応用できます。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

りゅうえい健康通信―ツボ療法 てんかん発作の沈静や熱中症に有効なツボ

「水溝」

 

鼻と口の間に2本の線があります。その中央にあるツボが水溝です。空手では、人中と言って人体の急所の1つとなっています。このツボは意識が混濁する一切の病気に効きます。

 

古くは、子供熱性痙攣の沈痙、溺死状態からの回復、てんかん発作の沈静等に利用せれてきました。最近中国では、このツボの有用性を動物実験で確かめています。ウサギの呼吸リズムを狂わしても、水溝に針刺激を与えるとすぐに、正常になった、あるいは脳虚血状態になったウサギがすぐ回復したと報告しています。恐らく、自律神経を反射的に賦活するのでしょう。

 

その他、ヒステリー、便秘、鼻血、歯痛、顔面麻痺、しゃっくり、糖尿病による低血糖、脳充血にも効果があります。指を立てて少し痛みがでるくらいの指圧をします。水溝は指圧でも十分に効果がでます。

 

暑い場所にいて頭がくらくらしてきた、ボーッとして吐き気がしてきた、頭がガンガンして身体が熱くなってきた、汗が急に出なくなり筋肉が痙攣する、こういった病状は正に熱中症が進行している状態です。身体を冷やし、水分を補給するとともに水溝に指圧をして下さい。救急車で運ばれる確立がぐっと減ります。

 

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

 

りゅうえい健康通信-ツボ療法 認知症予防に有効なツボ

「四神聡」

急速な高齢化社会を迎え、様々な社会問題が発生しています。身近なところでは、介護関連です。特に認知症を患っているご老人の介護は大変です。そこで、認知症を予防するツボ治療を紹介しましょう。それは、四神聡(ししんそう)というツボです。

ツボの位置は、頭にある百会という有名なツボの前後左右各1cm離れた4ヶ所になります。百会はツボ辞典で調べると正確な場所が判ります。それを基準にして四神聡を探すと良いでしょう。

中国の臨床では、脳血管性認知症の患者さん30名に四神聡を主体に手足のツボを加え治療したところ、一般的な社会活動ができるほど改善した例が6例、一般的な社会活動はできないが、認知症の主症状である健忘の改善がみられた例が20例、無変化が4例という結果でした。私達も認知症の患者さんをよく診ます。当然、四神聡を使うケースが多いのです。

下腹部にある関元(かんげん)や足の三里(さんり)を併用すると、更に成績が上がるようです。以前、80歳近い老人性痴呆症の患者さんが娘に付き添われて来院しました。当初、一桁の足し算もできないし、朝食べた食事の内容も覚えていないという状態でしたが、針灸治療を週2回2ヶ月ほど続けると、二桁の足し算引き算ができるようになりました。また、娘の付き添いもいらなくなり、本人ひとりで来院できるようになりました。ご自分で行う場合は、楊枝の先端で圧迫するようにすると良いでしょう。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

teppen

りゅうえい健康通信―ツボ療法 消化器系の痛みの緩和に有効なツボ

「地機と梁丘」

医療機関は、もうすぐ連休に入ります。病気を持っている方は、さぞかし心配でしょう。また、そうでない方も、美味しいもの食べ過ぎたりお酒の飲み過ぎたりで、病院にかかる可能性が高まりますので、よくよく考えれば、不安になるはずです。特にこの時期は胃十二指腸や胆嚢、すい臓を悪くしやすいので要注意です。

十二指腸や胆嚢の痛みはミゾオチから右の肋骨の下にあらわれます。胃やすい臓は、ミゾオチや左の肋骨の下がよく痛みます。これらの病気の中で緊急を要するのは、すい臓炎です。場合によっては多臓器不全を起こし、死に至ることもあるからです。

すい臓炎の痛みは、ミゾオチの激しい持続痛です。横向きになって、膝を抱え込むと痛みが和らぐ傾向があります。油物を摂り過ぎたうえに大酒を飲むと、発症する確率が増えます。多くは胆嚢炎も併発しています。そこで、ご紹介したいツボが地機(ちき)と梁丘(りょうきゅう)です。

これらのツボは消化器系の痛みを緩和するばかりか、軽ければ完治させてくれます。もともと押すと痛みを感じますが、胃十二指腸や胆嚢、すい臓に炎症になると、更に激しくなります。その痛みを我慢して、しばらく強めに指圧していると、お腹の痛みがだんだん和らぎます。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

りゅうえい健康通信 花粉症に有効なツボ

「花粉症に印堂」

両眉毛の中央、つまり鼻の骨の上に印堂(インドウ)という名のツボがあります。このツボは奇穴(キケツ)とも呼ばれています。奇異な場所に存在するツボということです。通常ツボは経絡という生体エネルギーが流れる経絡上にありますが、奇穴はそれ以外の場所にあります。奇穴のうちでもこの印堂はしっかりした生理作用を人体に与えるので私達も繁用しています。

ではどのような病気や症状に効果があるのかと申しますと、鼻の病気全般です。例えば、症状でいえば、鼻づまり、鼻水、鼻の痛み等です。病名でいえば、花粉症等のアレルギー性鼻炎、鼻風邪、蓄膿症です。通常私達はこの印堂に針治療を行ないますが、マッサージでも効果があります。

去年の今頃、毎年花粉症で苦しむというAさんが来院した。すでにAさんは軽い花粉症の症状をあらわしていました。もう1ヶ月も過ぎれば鼻水、鼻づまり、涙目で大変になることが予測されます。そこで、この印堂に針治療を行なうとともに、体質改善の治療も行ないました。効果は劇的にあらわれまして、治療中に鼻水、鼻づまりが解消していました。ただ、大量に花粉が飛散する季節となれば、元のもくあみになってしまいます。そこで、印堂へのマッサージも指導しました。ごま油を少しつけて、こすりあげるようにマッサージをすると効果的です。私達の針灸治療は週に1回でしたが、シーズン中全く病院で処方された抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤は一切使用しないで済みました。抗ヒスタミン剤を日中使用すると、眠くなる人が多いので勤めている方はとっても不便です。

ぜひ、花粉症でお困りの方、備えあれば憂いなし、花粉症対策として、今から印堂へのマッサージを行なってみて下さい。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

 

りゅうえい健康通信 ツボ療法―不眠、イライラ、抑うつ、のぼせに有効なツボ

神経反応点

人手不足の影響で仕事量が極端に増えたせいか、慢性疲労を訴えるサラリーマンが頻繁に来院します。診ると、肉体的な疲労はさることながら、精神的な疲労の方が強くあらわれれているケースが多いようです。

そこで、精神安定に優れた効果のあるツボをご紹介します。それは神経反応点とも呼ばれる至陽、霊台、神堂といったツボです。至陽は両方の肩甲骨の下端を結ぶ線を引き、その線が交差する背骨と背骨の間にあります。霊台はその一つ頭寄りに上がった背骨と背骨の間にあり、神道はそのさらに上です。精神的な問題がある場合、これらのツボを指を立てて押すと必ず痛みがでます。

これらのツボは自律神経失調症、更年期障害、うつ病、神経症等が原因の諸症状の改善に効果があります。例えば、不眠、イライラ、抑うつ、のぼせ、頚痛、めまい、疲労感、動悸、腰痛、手足のしびれ、発汗、目の疲れ、首肩こり、下痢、便秘、胃痛、生理不順等です。あくまでも自律神経系やホルモン系の失調が原因となっている場合ですが。

私達は腰痛を主訴としていても、これらのツボに反応がある場合は必ずこれらのツボに鍼をしたり、灸をしたりします。腰痛のために精神が過敏になっているかもしれませんし、精神的な影響で、腰痛が起きているかもしれないからです。私達は病を診るのではなく、病人そのものを診るのです。これが、基本的な東洋医学の治療方針なのです。原因が精神神経にあると思われたら、これらのツボの圧痛を調べその上で、親指をた立てるようにして指圧しましょう。指圧をしてくれる人が見つからないという方は、是非、私達の治療院にいらして下さい。

BoneBodyBack

りゅうえい健康通信 ツボ療法―眼精疲労、近視、老眼、めまいに有効なツボ

 

「風池と天柱」

巷では梅の花が咲き初め。春の足音が聞こえてきます。ただ、春先はいろいろな病があらわれやすい時期でもあります。例年、腰痛、めまい、目の疲れ、欝などの症状の悪化に苦しむ人が多いのです。

これらの病態を東洋医学では肝胆の病と呼んでいます。春は臓器で言えば肝胆が謳歌する季節です。ところがそれに上手く乗ることが出来ないと、足腰の痛みや痺れ、めまい、目の疲れ、欝などの症状があらわれると言うのです。最近では花粉症もあります。それ自体が肝胆の病とは言えませんが、ストレスなどでイライラしていると肝胆に負担がかかり、それが水毒を助長して発症することはあります。

そこで、ご紹介したいのが、風池(ふうち)と天柱(てんちゅう)です。ツボの位置は、首の後ろの2本の筋が頭蓋骨に交わるところが天柱で、その両側のくぼみ(ぼんのくぼ)が風池です。風池も天柱も肝胆の病に奏功します。おそらく、これらのツボの刺激が脳血流の改善に役立つのではないかと考えられます。ですから、眼精疲労、近視、老眼、めまい、不眠、てんかん、欝を始め、風邪や花粉症からの鼻水や鼻づまりなどにも有効例が多いのです。

一般の方は不思議に感ずるかもしれませんが、頭痛や腰痛、踵の痛みにも効果的です。これは、陰陽五行と経絡というツボの流れを知っていれば、簡単に理解できることですので。自分で行う場合は、親指で両方の風池あるいは天柱を同時に指圧すると良いでしょう。一日に5分程度、二回ほど行えば十分です。その際、頭全体も5本の指で指圧すると更に効果があがります。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

Atama

りゅうえい健康通信 ツボ療法―耳鳴り・中耳炎や歯痛に有効なツボ

「翳風(えいふう)」

このところ、耳鳴りを訴える患者さんの来院が多くなっています。

季節の変わり目は、自律神経系のバランスがくずれやすいので、耳鳴りもそのあらわれと思います。そこで、ご紹介したいのが、翳風というツボです。

翳風は、耳たぶの裏の凹んだところにあります。押さえると、耳の奥の方に痛みが響くので、簡単に判ります。このツボは、耳鳴りの他にも中耳炎や歯痛、顔面神経痛などにも効果があります。楊枝で軽い痛みを感じる程度圧迫すると良いでしょう。

ただし、中耳炎の場合、痛みが激しい時は遠慮してください。慢性化した時がチャンスです。また、翳風はしゃっくり止めの名ツボでもあります。人指し指で強めに押さえていると、自然に止まります。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

Mimi

 

りゅうえい健康通信 ツボ療法―眼科疾患、耳鼻咽喉科疾患に有効なツボ

「臂臑」

私たちが日々の臨床において、重宝に使うツボが臂臑(ヒジュ)です。このツボは、二の腕にあって、触ると、腕の骨が感じられるところにあります。なぜ、臂臑が重要かと言いますと、首から上の病にとても効くからです。つまり、眼科疾患、耳鼻咽喉科疾患、脳神経科疾患に奏功するからです。具体的に言えば、結膜炎、視神経萎縮、網膜はく離など、あるいは、声帯ポリープ、扁桃腺炎、咽頭炎など、また、頭痛、首肩の凝り、顔面麻痺、顔面神経痛の他、高血圧、五十肩、半身不随にも効果的です。

このツボの臨床研究は、中国より日本の方が盛んです。お灸の大家である深谷伊三郎先生は、学会誌に灸法による視力回復という論文を発表しました。緑内障5名、白内障7名、中心性網膜炎3名の患者に約1ヶ月間続けて灸治療したところ、緑内障3名、白内障3名、中心性網膜炎2名の視力が回復したという内容です。

 

緑内障の主婦(56歳)は、眼圧が高く、眼科医から房水を抜く手術を薦められるほどでしたが、灸治療を施したところ、約1ヶ月で眼圧が正常化して視野が広がり視力が回復したと報告しています。深谷先生は、このツボに灸をすると、眼底血管の血流を良くすると結論しています。これは、有力な抗緑内障点眼薬がない1970年代の話ですから、どれほど眼科疾患患者の福音になった事でしょうか。事実、私たちの臨床でも、眼圧低下どころか、乳頭のカップリングが改善し視野が広がるケースを多々みます。

 

更に、深谷先生の高弟である入江靖二先生は、眼科疾患の他、声帯ポリープ、咽頭炎、扁桃腺炎、高血圧症、半身不随などにも効果があると力説しています。

 

私事で恐縮ですが、この春、声がしゃがれてきたので、耳鼻咽喉科を受診すると、声帯ポリープと診断されました。おしゃべりだから罰があたったのかもしれません。ただ、手術をすると1ヶ月間はまともに声が出せません。そこで、毎日臂臑に灸をすることにしました。すると半月ぐらいで元の声に戻ってきました。身をもって臂臑の効能を感じた次第です。もう少し経過したら、また喉頭ファイバーで声帯を診てもらおうと思っています。たぶん、小さくなっていると思います。

 

ご自分で治療する場合は、マッサージでも結構です。押して痛むところを軽く揉んでください。あまり強く揉むと、神経を痛めてしまうことがあるからです。

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

BoneArmFoward

りゅうえい健康通信―ツボ療法 円形脱毛症に有効なツボ

「心兪と厥陰兪」

 

この病気の直接的な原因はストレスと言われていますが、患者さんの多くは元来神経質な人が多いようです。病態としては、毛根の血流不全が第一に挙げられますが、一種のアレルギー状態のようにも思われます。ストレスが続くことにより副腎皮質ホルモンの分泌が段々減ってきて、アレルギー反応を起こしてしまうのかもしれません。

 

確かに針治療は円形脱毛症に効果があります。Aさんは去年の10月から円形脱毛症の治療を開始しました。1年ほど皮膚科の治療を受けても改善しなかったので、針治療に最後ののぞみをかけたそうです。

 

ルーペで患部の毛根を観察すると、まだ発毛する可能性があります。そこで、脱毛部分を囲むように針を刺し、しばらくそのまま放置しておきました。すると、その脱毛部分が薄っすらとピンク色に変わってきました。明らかに血流が良くなってきたのです。その後、肩や背中の凝りをほぐすような治療を行い、終わりにしました。その初診時に撮ったのが左の写真です。

 

そして、この様な治療を4ヶ月ほど施したとき、脱毛部にうぶ毛や1cmぐらい伸びた毛が見られます。ここまでくればもう大丈夫と告げ、全ての治療を止めました。そこで、もし、読者の中に円形脱毛症に悩む方がいれば、為になるアドバイスをします。

 

円形脱毛症は患部だけの治療では改善する可能性が低くなります。これは、育毛剤を使用する場合でも同じです。肩や首、背中の凝りをほぐすことも重要です。背中に指で押すと、痛むところがあります。恐らく、心兪(しんゆ)や厥陰兪(けついんゆ)と呼ばれるツボに痛みがあらわれるはずです。ここの痛みを取るように指圧をしてください。驚くほどの効果がみられるはずです。

 

詳しく知りたい方は、スタッフにお尋ねください。

 

BoneBodyBack

Older posts