こんにちは

寒さが厳しくなっていますね。風邪が流行っていますので、我々も体調管理には十分気をつけています。基本の手洗いうがいを徹底するだけで、かなりの予防に繋がります。また、飴を舐めて、のどの潤いを保つことも重要です。いまいちど、風邪予防に気を向けて年末年始を迎えていただければと思います。

さて、今回の臨床報告は、一年前に膝の痛みで来院されましたTさんのお話です。15~6年前に膝の痛みが起こり、変形性股関節症および変形性膝関節症と診断されたそうです。膝の痛みが強くある様子で歩行困難といった様子でした。

治療は、坐骨神経に届くような鍼治療をおこなっております。該当神経の強化により足腰の痛みや痺れの軽減を目的としているからです。治療を重ねるたびに痛みが和らいでいるとのことです。先日お越しになったときには、付き添いの方から「今年は介護がとても楽で助かっています」という嬉しいお言葉を戴きました。以前よりも、ご自身の力で身体を動かせているのでしょう。これからも治療を重ねて、更なる改善がみられれば、我々も嬉しい限りです。

当院は、今日で今年の診療は最後となります。今年一年、ありがとうございました。来年も皆さんにとって良い年でありますようにお祈り致します。