お元気にお過ごしのことと拝察いたします。長らくお休みを頂戴していましたが、5月8日より診療を再開致します。但し、再開後も院内感染を防ぐ必要がありますので、次のような対策を行います。ご不便をお掛けしますが、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

新型コロナ院内感染予防対策

1.来院時の非接触赤外線体温計により体温検査で37℃以上

の発熱がある方は治療をお断り致します。

2.向こう1ヵ月以内に発熱や咳、鼻水、鼻づまり、味覚異常、臭覚異常のあった方は、更に1ヵ月間これらの症状がみられないことをご確認に上、ご来院ください。

3.必ず来院時と帰宅時に備え付けのアルコール消毒液で手指の消毒を行ってください。

2.トイレご利用の節は、備え付けのアルコール消毒液で手指の消毒を行ってください。

3.待合室のソファーは、必ず一席空けるようにお座りください。

4.必ずマスクを着用してご来院ください。

当院の感染予防対策

院内

1.可能な限り窓やドアーを開け、換気に努めます。

2.定期的に受付、ソファー、トイレのノブ、エレベーターのスイッチ類のアルコール消毒を行います。

3.受付は緑の線の外側にお立ち頂き、可能な限り離れて対応

   します。

4.治療ごとに治療ベッド、枕、脱衣かご、ハンガーなどの消毒

を行います。

5.治療のごとに新たに使い捨てベッドカバーを敷きます。

6.治療のごとに新たに使い捨てシートを掛けます。

7毎帰院時に床面に次亜塩素水を噴霧して消毒します。

治療家

1.必ず治療の前後に手指のアルコール消毒を行います。

2.2重マスク、簡易防護衣(ヤッケ)、防護面、ゴム手袋を着用し

ます。

3.マスクとゴム手袋は使い捨てとし、簡易防護衣、防護面は、アルコールまたは次亜塩素水を噴霧して消毒します。

5.着替えは専用のスペースを利用します。