本日より、当院に来院して頂いた患者様の臨床報告をアップしていきたいと思います。

今回の臨床報告は、昨年の10月に脳出血を発症し、左片麻痺と言語障害が残るHさんのお話です。
人前でお話をするお仕事の為、言語障害の回復を強く望まれています。

治療前は、なかなか言葉がスムーズに発せられなかったHさんですが、活脳鍼後、滑舌が良くなり、言葉がスムーズに発せられるようになりました。
ご本人も奥様も大変驚いたご様子で、何度も言葉を繰り返し発せられておりました。また上下肢の動きも治療前に比べると大変スムーズになり、感激されたご様子でした。

今後の目標は、舌の動きを良くして、麺類やパンが食べられるようになることです。

活脳鍼は脳卒中後遺症患者様に大変有効的な治療です。
しかし、一番大事なのは、やはり、良くなりたいと願う患者さん自身の努力です。
治療だけに頼らず、ご自分でのリハビリも決して忘れないで下さい。

1つ1つ出来ることが増やせるように一緒に努力していきましょう!

皆様の努力に、少しでもりゅうえい治療院が貢献できたら幸いです。