こんにちは

 

3月に入り、少し寒さが和らぐ日もあるように感じます。今年の冬は、例年より新患を含め来院数が多かったです。春先は季節の変わり目で、体調を崩す人も多く、しかも暖かくもなりますから、当院へ治療に訪れる方が更に増えるかもしれません。

ご予約は、早めにされたほうがよろしいかと思います。

 

さて、今回の臨床報告は、クモ膜化出血後遺症で視野の障害を患った方の追記になります。

視野全体に、靄がかかったように見えなくなっていたのが、治療を継続していくことで、それが無くなってきました。現在は、一人で来院することができるようになっています。

 

最近は、社会復帰を目指して活動中だそうです。記憶力の低下なども気にされていましたが、それも少しずつ改善している模様です。

家庭を持っていらっしゃいますし、まだ働き盛りですから、社会復帰できるようになるのはご本人にとっても家族にとっても、嬉しいことでしょう。

まだ、不安な様子も見せていますが、社会復帰が現実味をおびてきたのか、少しホッとしたような表情も浮かべています。

 

活脳鍼に晴明鍼を組み合わせて治療を行うことで、脳卒中後遺症で発症した眼疾患にアプローチすることができます。こういった症例は他にもあり、病院のお医者さんが驚いてしまうほどの改善例もございます。

個人にあった適切な治療を目指し、みなさんから、喜ばれるような鍼灸治療を心がけています。