こんにちは

 

各スポーツで日本選手が活躍されています。最近では、ラグビーに人気の火がつき、選手がメディアに引っ張りだこですね。サッカーや野球など、海外へ挑戦し経験を積む選手が増えてきているのも、要因のひとつではないでしょうか。私と同じ世代や、それよりも若い選手達が海外で活躍し注目されると嬉しいものです。5年後の東京オリンピックにも期待したいです。

 

さて、今回の臨床報告は、涙目や緑内障予防で来院されているTさんのお話です。去年の夏頃に目の検査をしたところ、左右で視力の差があり、また眼圧は正常範囲の値であるものの、高い数値でありました。緑内障になる可能性があると告げられ、不安を抱き当院へ来院されました。

 

治療は、一ヶ月に一度のペースと自宅でのセルフケアのお灸を行っています。初診治療後、施術前と症状が変わったことに感動し、涙を流されていました。治療を続けていくうちに、次第に涙目も治まり、眼圧も左右で14まで下がりました。治療すると、調子が良いそうで、継続的にお越し頂いています。治療中、気持ちよくて眠くなってしまうといったお言葉も頂きます。リラックスできているようですし、以前よりも表情は明るく、笑顔でお話してくれるようになりました。

 

目の症状でお困りの方は、多くいらっしゃいます。五感の中でどれを失っても辛いことですが、特に目が見えなくなるというのは恐ろしいですね。当院でお越しになる人で、「手術をしないとよくなりません」と言われたのが、鍼灸治療という安全な治療で、はっきりと物が見えるようになったケースもあります。また、症状の進行を抑えられる例も多くあります。

 

また、高橋の方から、子宮頸がんワクチンの副作用の症状も活脳鍼の適応症なので、もしかしたら我々の治療で改善がみられるかもしれないと話を聞きました。今後もし、そんな症例がありましたら、このブログで報告します。