こんにちは。
鍼灸師の加藤です。

今年もあっという間に一年が経とうとしています。皆さんは、今年一年を振り返り、どんなことを思い出したり考えたりされますか?楽しかったことや辛かったことなど色々あるでしょう。
私は、今年も一年間、大きな怪我や事故がなかったことが一番かなと思います。

さて、12月3日(木)に日本脳卒中者友の会、泉睦会(せんぼくかい)様で活脳鍼のデモンストレーションを行わせて頂きました。
当院は、「活脳鍼(かつのうしん)」という独自の鍼灸治療で、脳梗塞や脳出血などの脳卒中後遺症の治療に積極的に取り組んでいます。これまでに多くの方々が全国・海外からも来院し、皆様から喜びの声を頂戴しています。
今回は、泉睦会役員の中から3名の方にご協力頂き、活脳鍼を体験していただきました。

一人目の方は、腕を挙げる動作や肘の曲げ伸ばし、指の屈伸動作が難しいとのことでした。膝や股関節の動きは良いのですが、両足を一緒に動かすと左右差が出ていました。
治療後、肩や肘が治療前よりスムーズに動かせるようになり運動の速度が上がりました。また、指の伸展もわずかに動きが見え、運動の感覚も少し自覚できたそうです。足も施術前に比べると歩きやすくなったと喜んで頂きました。

二人目の方は、感覚障害が強く、20年来のしびれが一番辛いとのことでした。治療後、しびれが大幅に軽減し、さらに指先の感覚が戻り、どの指が触れられているか全て当てることができました。長年続いていた症状が、数十分の治療で変化したことに、大変驚かれていました。
また、運動についても、肘や手指の痙縮が特に強かったのですが、治療後に緊張が緩んだことで、肘の曲げ伸ばしの切り替えがスムーズになったり、中指と薬指の伸展動作が見えるようになりました。足も力が入りやすくなったとのことでした。

三人目の方は、10年以上前に脳卒中にかかり、後遺症で足が思うように動かせないと仰っていました。治療後、実際に歩いてもらい、動きやすくなっていることを実感していただきました。「足が前に出やすくなっている」と仰っていただきました。

今回、ご協力頂いた3名全ての方に、運動や感覚の改善を実感していただき、また良い感想を頂戴することができたので、大変嬉しかったです。
このような機会を与えて下さり、貴重なお時間を頂いた泉睦会役員の皆様に、この場を借りて深くお礼申し上げます。

活脳鍼は、脳の血流状態を改善し活性化させることで、脳卒中後遺症のリハビリをサポートしていくことを目的とした当院独自の鍼灸治療です。
治療を受けたほとんどの方が、初回の治療後に、痛みや、シビレ、手や足の動きになんらかの改善が見られています。
今まで全く動かなかった関節が、1回~2回の治療で動くことも稀ではなく、涙を流して喜んでくださる方もこれまで多くいらっしゃいました。(ただし、関節拘縮や筋肉の萎縮の具合により治療の成果は変わります。)
活脳鍼については、当院ホームページにてさらに詳しくご紹介しております。

 

りゅうえい治療院サイト
http://ryueichiryoin.com/

活脳鍼について
http://ryueichiryoin.com/shinkyu_katsunou.html

活脳鍼の詳細について
http://ryueichiryoin.com/about.html
また当ブログ内でも活脳鍼の臨床報告を多く掲載させて頂いております。
よろしければご覧下さい。
http://ryueichiryoin.com/staffblog/?cat=5
脳梗塞・脳出血の後遺症でお悩みの方は多くいらっしゃいます。
今後も、後遺症をお持ちの方のQOLの向上のために、スタッフ一同さらなる努力を重ね、少しでも皆様のお力になれればと考えております。

【活脳鍼デモンストレーションの様子】

加工後 脳卒中者友の会 026 加工後 脳卒中者友の会 014