こんにちは。

先日、サッカーワールドカップのギリシャ戦がありました。残念ながら初戦のコートジボワール戦は黒星となってしまった為、なんとかギリシャ戦は勝利を勝ち取りたい日本。日本時間早朝からの試合でしたが、気合を入れて早起きをし、テレビ観戦した人も多いのではないでしょうか。果敢にゴールを狙う日本でしたが、惜しくも点数を入れることは出来ず、同点に終わってしまいました。でもまだまだチャンスはあります!是非、次こそは日本に追い風が吹いてくれることを期待しましょう!スポーツは、個人やチームの勝利や目標の為に、多くの人の心を一つにしてくれます。もちろん勝てば嬉しいですし、負ければくやしいものです。しかし、勝ち負けよりも、その過程にあるそれぞれの努力だったり、一つのことに向かって多くの人が団結するということが、スポーツの最大の魅力ではないかと思います。諦めずに、また私達も日本一丸となって、応援していきましょう!

さて、今回の臨床報告は5月の初め頃から肩に痛みやしびれを感じるようになり、整形外科で頚椎症と診断されたAさんのお話です。

病院から薬を処方され、肩の痛みは落ち着いたそうですが、なかなかしびれが取れず、なんとか治る方法はないかと模索したところ、以前鍼灸治療で自律神経失調症が治ったことを思い出して、今回のしびれも鍼灸治療で治るのではないかと思い、当院に来院してくださいました。

しびれは本当に気持ちが悪いもので、多くの方が悩まれている症状の一つです。当院では、そんなしびれの症状に「散痺鍼」という当院独自の鍼灸治療で対応しています。治療前、Aさんは「人指し指の先が、薬品を触った後かのようにジリジリしている。」とおっしゃっていました。最近は、睡眠も十分に取れていなかったようで、精神的にもお疲れのご様子でした。治療を進めていくと、「身体が暖まってきた。」と感想を頂き、全ての治療を終えた頃には、「人指し指の指先のしびれがなくなり、親指と同じ感触になった。ビックリ。」と、とても驚いたご様子で、嬉しそうに帰って行かれました。

当院では、Aさんのように「痛みは落ち着いたがしびれが取れない」といった患者様が多くいらっしゃいます。もちろん症状の具合には個人差がございますので、回復のペースにも違いはありますが、ご来院頂いた多くの患者様に、症状の改善を実感して頂いております。

同じような症状でお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非当院の「散痺鍼」を受けてみて下さい。

スタッフ一同、お待ちしております。