こんにちは。鍼灸師の加藤です。

五月に入ってから、夏日と思ってしまうほど暑い日がありますね。「今年の夏は、例年以上に暑いのかな」と少し不安に思われている患者さんもいて、夏が苦手な人たちは早くも心配になっているのではないでしょうか。年配の方々や汗のかきにくい人は特に、熱中症になりやすいのでお気をつけください。

 

さて、今回の臨床報告は、腕のしびれで来院されましたNさんのお話です。以前から当院の治療を受けている方で、体に不調が現れると当院へいらっしゃいます。今回は、腕から指にかけてしびれがあり、バイクに乗って運転する姿勢になると強さが増すとのことです。特に、夜にかけて症状が強く出てきて、眠りにくくなったりと、しびれのストレスを抱える時間が多い様子でした。

この症状に対する治療回数は3回でした。一回目の治療で、しびれが軽減し、二回目の治療後には、気にならなくなる程度まで改善していました。三回目は、念のため治療を受けに来ました。ほとんど症状が取れた様子で、「また辛いときに伺います」と笑顔で帰られていきました。

 

当院では「散痺鍼(さんぴしん)」という術式で、しびれや痛みに対する治療を行います。他にはない当院独自の鍼灸技術です。

しびれが常にあったり強く感じていたりすると精神的にも辛いでしょう。私も体調が思わしくないときは、お尻から足にかけてしびれることがあります。なかなか辛いものです。そんな辛いしびれや痛みには、鍼灸が効果を発揮します。

しびれや痛みで困っている方は、たくさんいらっしゃいます。安全な治療の一つである鍼灸で、症状が楽になるなら試してみる価値は十分にあると思います。思い立ったら吉日です。お困りの方がいらっしゃいましたら当院へご連絡ください。